Kyber Network / KNCの特徴を徹底解説!取引所・チャート情報まとめ
2018/05/08

Kyber Network / KNCの特徴を徹底解説!取引所・チャート情報まとめ

さっちゃん【CRYPTO TIMES公式ライター】

さっちゃんCRYPTO TIMES公式ライター

2017/12のピーク時から仮想通貨に触り始めました。こちらでは通貨・プロジェクトについてまとめた記事を書くことが多いです。クリプト外ではWebまわりの集客、広告に携わっていたりします。

Kyber Networkは仮想通貨の送金・決済を便利にする決済システムを開発するプロジェクトです。

その中の一環として、よく知られているDEXがあります。

こちらのページでは、そんなKyber Networkの特徴や概要から、競合と比較した優位性についてまとめています。

これを読めば、Kyber Networkがどんなプロジェクトなのか、どのように世界を変えるのかがわかります。

目次

仮想通貨KyberNetwork(カイバーネットワーク/KNC)の概要を簡単に把握しよう

KyberNetworkの概要

通貨名/ティッカーKyberNetworkCrystal (カイバーネットワーク)/KNC
総発行枚数226,000,000 KNC
創業者(CEO)Loi Luu
主な提携先ETHLend,MyEthearWallet,imTokenなど
特徴決済API提供
DEXプロジェクト
公式リンクWebサイト
DEX
Twitter
Blog(Medium)
github(ソースコード)

KyberNetwork(カイバーネットワーク/KNC)の特徴を詳細解説

https://www.youtube.com/watch?v=kJ3HqEJFfq8

Kyber Networkのプロジェクトを簡単に説明すると、別々のブロックチェーン同士での決済ができる技術を開発するものです。

クロスチェーンという技術を利用することで、別々のブロックチェーン間での仮想通貨の交換を可能にする決済APIを提供します。

よく知られているDEX(分散型取引所)プロジェクトもその一環で、将来的には別々のチェーン同士の取引も高セキュリティ・安い手数料でできるようになります。

クロスチェーンとは
異なるブロックチェーンをつなぐ技術のことです。BTCとETHは別々のブロックチェーンなので直接交換できません。クロスチェーンがあれば異なるブロックチェーン間でもトークンの交換が行えるようになります。

少し難しいと感じる人は「KyberNetworkの将来性・使われ方を解説」まで読み飛ばしても十分にKyber Networkの魅力が理解できます。

DEX(分散型取引所)を提供するプロジェクト

KyberNetwork(KNC)の分散型取引所

Kyber Networkは仮想通貨を交換するためのDEX(分散型取引所)として機能するプラットフォームです。

bitFlyerやBinanceのような中央集権型取引所と違い、DEXでは自身のウォレットから直接取引を行います。秘密鍵を取引所に渡す必要がなく、安全性が高いです。

将来的にはクロスチェーンを利用して、別々のブロックチェーン同士の仮想通貨も取引できるようになります。

仮想通貨のネットワークにまたがる決済API

KyberNetwork(KNC)の決済API

Kyber Networkの提供する決済APIでは、あるトークンを別のトークンに変換して支払いをすることができます。

たとえば相手がETHの受け取りを希望したときに、Kyber NetworkのAPIを利用すれば、どんな通貨を送ったとしてもKyber側で勝手にETHに変えてもらうことが可能です。

Kyber Networkと提携するサービスがが増えれば増えるほど、仮想通貨の送金・決済が便利になります。

さっちゃん
さっちゃん
だからこそ、KyberNetworkのパートナーシップは超注目材料です

イーサリアム創業者のVitalik氏がアドバイザー

KyberNetwork(KNC)とVitalik

Kyber Networkのアドバイザーとしてイーサリアムの創業者「Vitalik Buterin氏」が参加しています。

仮想通貨関連のプロジェクトは、きっちり開発・運営が進まないものが多いので、Vitalik氏のような人材が関わっているのは大きいです。

有力者が運営・アドバイザーに加わるだけで、プロジェクト・通貨の評価は高くなります。

Vitalik氏とKyberの関係
Vitalik氏はアドバイザーとして参加しているKyber Network、Omisegoの報酬を使い、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するプロジェクトへの出資を発表明言しています。Kyber Networkはイーサリアム仕組みを利用しているので、イーサリアムがよくなればKyber Networkの利用者も増加するはずです。

【Kyber Network(カイバーネットワーク/KNC)の将来性】使われ方・ユースケースを解説

KyberNetwork 将来性

Kyber Networkがどのように世界に影響を与えていくかを、事例を参考にしながら解説していきます。

ここでは技術的なことよりも、Kyber Networkがどのような問題点を解決していくのかに焦点を当てて説明します。

セキュリティ・安全性が高いDEXの流動性問題を解決できる

DEXはセキュリティ面で安全ではあるものの、流動性の低さがネックとされていました。

DEXの流動性問題とは
流動性とは、取引の活発さのことをいいます。DEXではトランザクション(データ送信)の反映に時間がかかるためにタイムラグが生じ、流動性が低くなってしまう問題があります。

Kyber NetworkのDEXでは、その流動性の問題を解消することが可能です。

Kyber Networkは、”リザーブ・ウェアハウス“を利用することで、流動性を確保したDEXとして機能します。

あらかじめリザーブ・ウェアハウス(倉庫)に十分なリザーブが用意されていて、そこから取引が行われるイメージです。

わかりやすい仕組み
Kyber Networkは販売所に近いイメージです。倉庫(リザーブ・ウェアハウス)に保管されているトークンは、AI(Reserve Manager)でレートが決められていて、即時に取引ができます。取引所のように約定を待つ必要はありません。

様々なサービスと連携して仮想通貨決済・送金を円滑にできる

Kyber Networkの仕組みを利用すれば好きな通貨で払えて好きな通貨で受け取ることが可能です。

ウォレットやサービスと提携してKyber Networkの仕組みが広がれば広がるほど、仮想通貨の送金・決済は便利になります。

わかりやすい利用例
  • ETHのみを受け付けているICOにビットコインを送っても、自動的にETHに変更されて送金が完了する
  • NEM決済を受け付けているお店での決済で、NEMを持っていなかったとしても、BTCを送れば自動的にNEMに変更されて決済できる

例のように、Kyber Networkの仕組みが広がれば広がるほど、仮想通貨の送金や決済がとっても便利になります。

Kyber Network(カイバーネットワーク/KNC)の優位性は?競合・類似プロジェクトとの比較

KyberNetworkと競合プロジェクトの比較表

手数料信頼性即時取引オンチェーン流動性保証対ハッキング
Kraken/Poloniex安い低い不可Noあり弱い
Shapeshift安い低い可能Noあり弱い
Coinbase安い低い可能Noあり弱い
EtherDelta
Oasis Index
高い高い不可Yesなし強い
Swap.tech
0xProject
低い高い不可半分なし不明確
KyberNetwork低い高い可能Yesあり強い

公式ホワイトペーパーでの比較表を和訳したものです。

Kyber Network 可能性

こちらでは、Kyber Networkと比較されることが多い「0xプロトコル「Bancorプロトコル」「AirSwap」との違いについてみていきます。

0xプロトコルとの違い

KyberNetworkと0xの違い

0xはDEXを作るためのプロトコルを提供しているプロジェクトです。

決済のシステムを作ろうとしているKyber Networkと0xでは目的の部分から少し違っています。

それでも、よく比較に上がるのは、Kyber Networkもプロジェクトの一環としてDEXがあるからです。

Kyber Networkと0xのDEXの違い

Kyber0xのDEX
取引オンチェーンオフチェーン
形態販売所に近い取引所に近い
クロスチェーン対応対応予定予定なし

0xの技術を利用すればDEXが簡単に作れるようになります。

つまり、0x自体はDEXではなく、DEXを作るためのツールというイメージです。

そして0xを利用している各DEXは0xを通じて繋がっていて、それぞれで注文を共有することで流動性の高いDEXを作ることが可能になります。

わかりやすい例
  • 0xプロトコルを利用しているDEX「A」
  • 0xプロトコルを利用しているDEX「B」

これを想定すると…

  • Aで出された注文は0xに記録
  • Bでも注文が出されたことになっている
  • 全体の流動性を高めることができる

DEXとしての違いは難しい話になるのでこちらでは割愛しますが、大きなところでは注文のオン・オフチェーン、取引形態、クロスチェーン対応のような違いがあります。

Bancorプロトコルとの違い

KyberNetworkとBancorの違い

Bancorプロトコルは仮想通貨の流動性問題を解決しようというプロジェクトです。

Kyber Networkとは目的の部分から少し異なりますが、どちらも”トークン同士の交換を可能にする(DEX)”ということで比較されることが多いです。

KyberとBancorのDEXの違い

クロスチェーン対応予定、オンチェーン取引、販売所のような形式、リザーブ(準備金)が必要な点では共通しています。

Kyber NetworkとBancorのDEXの大きな違いは、レートの決定方法です。

換レートをBancorでは独自の数式で決定、Kyber NetworkではAI(Reserve Manager)が自動的に決定しています。

さっちゃん
さっちゃん
どちらが優れているか…というのは非常に難しい問題です。

AirSwapとの違い

KyberNetworkとAirSwapの違い

AirSwapもDEXを作るのが目的のプロジェクトなので、根本の部分からKyber Networkとは違います。

こちらもDEXという共通点から、比較対象に上がることがあります。

KyberとAirSwapのDEXの違い

AirSwapのDEXは厳密なP2P設計(ユーザー同士での取引ができる設計)が特徴です。取引価格・レートも全てユーザー間で決定されます。

簡単にいうと、AirSwapではトークンを交換したいしたい人にマッチング場所だけを提供するようなイメージです。

KyberNetworkやBancorでは運営側がレートを決定しますが、AirSwapではユーザー同士が決定します。

価格競争を受けることがないので公正な取引をすることが可能になる、というロジックです。

KyberNetwork(カイバーネットワーク/KNC)のニュース・更新情報をチェックしよう

Kyber Networkはロードマップに合わせて順調にプロジェクトが進行しています。

最新の更新情報、プロジェクトの状況についてもチェックしておきましょう。

2018年4月以前の更新情報については、KyberNetworkの公式ブログで確認することができます。

【2018/04/30】IEO(Initial Exchange Offering)を発表

KyberNetworkのIEO

公式アナウンス

IEOはICO時に利用できる機能です。

ユーザーとICOチームの間にKyberNetworkが介入することで、プロジェクト側・ユーザー側の双方にメリットがあります。

IEOのメリット
  • 指定トークン以外を送ることができる(IEOによってETHなどに自動変換)
  • 1度KyberでKYCを済ませればICOの度にKYCをする必要がなくなる

ただし、IEOを採用するかはICOチームが決める、KyberNetwork対応トークン以外は送ることができない、ということは覚えておきましょう。

ICOチーム・ユーザー双方にメリットがあるので、確実にIEOを採用するICOは増えてくると考えられます。

【2018/04/30】リブランディング予定を発表

KyberNetwork カイバーネットワーク リブランディング

公式アナウンス

2018年6月にリブランティング予定であることが発表されました。

今回のリブランディングはKyberNetworkのイメージチェンジ・業界内での立ち位置を改めることを目的に行われます。

そのため、KyberNetwork・KNCなどの名前の変更はされず、ロゴ・サイトデザインなどのイメージに関わるところのリブランディングになる予定です。

リブランディング予定の内容
ロゴ、サイトデザインなど
※KyberNetwork、KNCなどの名称変更の予定はなし

KyberNetwork(カイバーネットワーク/KNC)への意見・ツイートまとめ

Kyber Networkに関する意見・Tweetをまとめています。

Kyber Networkに対するどんな考え方があるのかにも目を通しておきましょう。

KyberNetwork(カイバーネットワーク/KNC)のチャートを確認しよう



PC・スマホ別、KNCのチャートです。

こちらで表示しているのはたいBTCの価格になっています。ETH建て・USDT建てをチェックしたければ、BinanceHuobiでも確認することができます。

チャートを参考にしつつ、できるだけ底(安い価格)で仕込むようにしましょう。

KyberNetwork(カイバーネットワーク/KNC)のテクニカル分析はTradingviewChartが便利!

Kyber Networkのチャートでテクニカル分析をしたければ、Tradingview Chartが重宝します。

HuobiやBinanceでもインジケーター表示やライン引きはできますが、使い勝手・種類の豊富さ・挙動の安定性を考えるとTradingviewChartの方がおすすめです。

また、チャート分析をしたい通貨をお気に入り登録しておけば、違う取引所にログインしなくても確認できるようになります。

KyberNetwork(カイバーネットワーク/KNC)が購入できる取引所一覧!おすすめはHuobi!

KNCの取引所一覧

国内取引所海外取引所DEX
なしBinance
Huobi
Gate.io
OKExなど
KyberNetwork
IDEX
EtherDelta
COSSなど

KNCを購入・トレードするなら海外取引所を利用する必要があります。

もちろんKyberNetworkのDEXでも取引はできますが、まだまだ取引高はあまり多くないです。

取引高が多いのはHuobiBinanceなので、特にこだわりがなければHuobiかBinanceを利用するのがおすすめです。

KyberNetwork(カイバーネットワーク/KNC)プロジェクトまとめ

KyberNetwork

期待大の有望なプロジェクト(アルトコイン)「Kyber Network」について解説しました。

Kyberのプロジェクトはきっちり進んでいますし、一番大事な提携先も順調に増えてきています。

KyberNetworkについてもっと知りたいと思った人はホワイトペーパーを読んだり、公式Twitterなどをチェックしたりしてみてください。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事