この記事の3つのポイント!

  1. 韓国の仮想通貨取引所、独自のルールを制定
  2. 制定の目的は透明性を高めるため、また違法取引を防止するため
  3. ルールに法的拘束力はないため効果は限定的か

本記事引用元:THE KOREA TIMES

17日のソウルでの記者会見で、Bithumb、Upbit、OKCoinを含む14の韓国の仮想通貨取引所の代表が独自の規制を発表しました。

今回定められた規制の内容は以下の5つです。

POINT

  1. クライアントの資産と会社資産の仮想通貨を別個に管理すること
  2. 異常な取引に迅速に対処すること
  3. クライアント保護システムを強化し、新たな仮想通貨の流通に取り組むこと
  4. 最低純資産価値20億ウォンを維持すること
  5. 定期監査と財務報告を公表すること

韓国ブロックチェーン協会は、インサイダー取引、価格の吊り上げ、マネーロンダリングに使用される可能性のある抜け穴がないか確認するため、加盟企業(14の既存の取引所、9の新規参入の取引所)と連携していく予定です。

しかし、今回の独自に制定された規制には法的拘束力はなく、調査の影響は限定されたものに留まる可能性があります。

韓国の仮想通貨市場は依然として混沌としている中、韓国ブロックチェーン協会は市場に秩序をもたらし、顧客保護を高め、安全に取引をするために、業界が協力して措置を検討していく方針です。