Kyber Networkが大型アップデート「Katalyst」を発表 新たなトークンモデルを導入へ
   公開日 : 2019/12/18

Kyber Networkが大型アップデート「Katalyst」を発表 新たなトークンモデルを導入へ

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

オンチェーン流動性の集約プロトコルであるKyber Networkは17日、プラットフォームのプロトコルとKNC(Kyber Network Crystal)トークンモデルを改善する大型アップデート「 Katalyst」 を発表しました。

2020年Q2に稼働予定のKatalystは、流動性へのより大きな貢献、KyberDAO、KNC保有者によるステーキングメカニズムが導入されます。アップデートは段階的に展開され、変更の詳細は後に公表されます。

Katalystは流動性提供への摩擦を減らし、パフォーマンスの高い流動性提供者へのリベートを導入します。Kyberを統合しているDAppsは、スプレッドやレートを柔軟に設定できるようになります。

ネットワーク全体が取引高を高めるインセンティブを強め、分散型金融(DeFi)プロジェクトのためのオンチェーン単一流動性ポイントとしての役割を果たします。

流動性の最適化に加え、Katalystは新しいステークメカニズムと、KNC保有者がガバナンスに参加できるプラットフォーム「KyberDAO」を開始します。

KNC保有者はKNCをステークして、さまざまなプロトコルパラメーター変更(ステーキング報酬、KNCの消滅、リザーブへのリベートなど)に投票し、Kyber Networkの方向性と成功に重要な役割を果たすことができます。

その見返りに、投票者はリザーブから集められたネットワーク手数料からステーク報酬を受け取ります。

ガバナンスへの参加を希望しないKNC保有者は、トークンを委任し、ステークプラットフォームに投票権を付与することにより、報酬を獲得することができます。

Trust Wallet、imToken、RockX Miner、Hyperblocksなどの有力プラットフォームはすでにKNCステーキングのサポートを表明しており、#Hashed、Pantera、Signum CapitalなどのKyber Networkの既存の投資家もガバナンスに参加します。

Kyberは今回のアップデートを機に、DeFiスペースやKyberエコシステムの成長、およびKNC保有者の価値創造が連動する長期的な好循環を確立しようとしています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事