LastRootsが『c0ban(コバン)』に続き、新たに『k1ban(キバン)』の提供を開始
   公開日 : 2018/11/07

LastRootsが『c0ban(コバン)』に続き、新たに『k1ban(キバン)』の提供を開始

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTimes リサーチャー | パブリックからエンタープライズまでブロックチェーンの技術, 仕組み, ユースケース, 動向などを幅広くリサーチしています。クリプトエコノミクス, プログラマブルマネー辺りのコンセプトに興味があります。

ct analysis

今月1日、2年にわたり『c0ban(コバン)』のサービス提供を行なってきた株式会社LastRootsが、新たにブロックチェーンソリューションである『k1ban(キバン)』サービスの提供を開始したことを発表しました。

このソリューションでは、c0banやEthereum、Bitcoin、EOSなどのブロックチェーン・仮想通貨技術をベースとして、クライアント向けに最適なスマートコントラクトの設計や開発導入を行います。

k1banでは、主に以下の5つのサービスを提供することでトークンエコノミーの基盤となることを目指しています。

 

◆Dappの設計・開発
トークンインセンティブをキーとしたブロックチェーン・仮想通貨を活用したサービスの設計、開発、運用ソリューションの提供
仮想通貨c0banを活用したサービスの設計、開発、運用ソリューションの提供

◆Tokenの設計・開発
独自トークンの設計、発行、開発および運用の支援

◆スマートコントラクトの設計・開発
ブロックチェーン・仮想通貨(c0ban、ビットコイン、イーサリアム、ERC20、ERC223、ERC721、EOSなど)をベースにしたスマートコントラクトの設計と開発

◆Public chain/private chain/tokenの設計、開発、運用
ブロックチェーン・仮想通貨をパブリックチェーン、プライベートチェーンのいずれでも設計、開発、運用

◆マイニング
マイニング運営代行、マイニング施設の設計

引用元:プレスリリース『ブロックチェーンソリューション「K1BAN」(きばん)提供開始

サービスの詳細は、こちらのリンクからご覧いただくことができます。

記事ソース:ブロックチェーンソリューション「K1BAN」(きばん)提供開始

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事