韓国LGが独自のブロックチェーンサービスを開始
   公開日 : 2018/05/14

韓国LGが独自のブロックチェーンサービスを開始

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

この記事の3つのポイント

  1. 韓国大手家電メーカーLGが独自のブロックチェーンを開発
  2. 電子認証システム、デジタル通貨、サプライチェーンの3つの主軸
  3. チームは今後も拡大予定、Hyperlock参加も

家電やスマートフォンで有名な韓国のLGが、Monachain(モナチェーン)という独自のブロックチェーンをローンチすることを発表しました。

聯合(れんごう)ニュースの報道によると、同社はモナチェーンを利用して電子認証システムデジタルコミュニティ通貨サプライチェーンマネジメントの3つのサービスを開始するとされています。

国際規格に対応した電子認証システムでは、PIN番号や生体認証情報などをブロックチェーン上に登録し、他のシステムと円滑に連動できるようになるとされています。

LG担当者はこのシステムの利用ケースとして、病院での医療費の支払いを挙げました。

「Monachainの電子認証システムを利用して医療費を支払うと、自動的に保険の給付請求も行えます。関連する情報は病院や保険機関にすぐに共有されます。」

また同社は、Monachain上に各地方独自のデジタル通貨を発行できるサービスも提携する予定になっています。

こういった地域のデジタル通貨は各銀行がMonachainを通じて発行することができ、コミュニティ内での福祉関連の決済などに使用されることが見込まれています。

デジタルサプライチェーンマネジメントでは、物流情報をブロックチェーン上で管理し、業者が在庫調整をしたり、顧客が商品の情報を追跡することができるサービスとなっています。

今回のプロジェクト開発に当たっているLG CNSチームは約50人ほどで構成されており、今後はメンバーを2倍以上に拡大していくとされています。

また同チームは、Linux Foundationによるブロックチェーンプロジェクト、Hyperlockにも今年中に参加するとも発言しています。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事