Libra(リブラ)が単一通貨のステーブルコインへの方向転換の可能性を示唆
2019/10/21

Libra(リブラ)が単一通貨のステーブルコインへの方向転換の可能性を示唆

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

Facebook(フェイスブック)が開発を主導するブロックチェーンプラットフォーム「Libra(リブラ)」が、米ドルや英ポンドなどを個別に扱ったステーブルコインへの方向転換を視野にいれていることがわかりました。

リブラのプロジェクト代表を務めるDavid Marcus氏は20日に開催されたバンキングセミナーで、複数の法定通貨を統合したステーブルコインではなく、それぞれの通貨を個別に担保としたステーブルコインを発行することも大いに可能だと述べました。

同氏は、単一通貨のステーブルコイン発行はあくまで「可能」であるだけで、開発側の新たな方向性というわけではないとしています。

リブラは発表当初から数多くの批判を受けており、世界の大手企業が集まる「リブラ協会」からはマスターカードやVisa、Stripe、eBay、Booking Holdings、PayPalが次々と脱会を発表しています。

記事ソース: Reuters

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事