マネーフォワードフィナンシャルが仮想通貨関連事業への参入延期を発表
2019/04/15

マネーフォワードフィナンシャルが仮想通貨関連事業への参入延期を発表

アラタ

アラタ

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。2017年6月に初めてICOへの参加も行い、ICOの魅力に取りつかれ、積極的にICOに投資していくように。Crypto Times運営者の1人。好きな食べ物はラーメンとたくあん。

株式会社マネーフォワードの100%子会社であるマネーフォワードフィナンシャル株式会社が2019年4月15日、仮想通貨交換業の登録手続きを中止し、同事業への参入を延期すると発表しました。

2018年5月にブロックチェーン・仮想通貨事業への参入を発表しており、2018年9月にはブロックチェーン/仮想通貨メディアである「Onbit」をスタートさせていました。

今回の仮想通貨関連事業への参入延期の発表では、下記の4項目を決定事項としています。

1.仮想通貨関連事業の参入延期と交換業者登録に向けた手続きの中止
2.取引所・交換所に関するシステム開発の停止
3.ブロックチェーン・仮想通貨に関するメディア『Onbit』のサービス終了(2019年5月31日予定)
4.ブロックチェーン技術の開発を目的とした研究の継続

今回の決定要因として、仮想通貨市場が急速に冷え込み、事業の収益性におけるダウンサイドリスクが高まったこと、体制整備におけるコストが上昇したことが要因であると発表文で述べました。

記事ソース : マネーフォワード Press Release

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事