OKEXが自社のガイドラインに基づき58の取引ペアを上場廃止
   公開日 : 2018/10/29

OKEXが自社のガイドラインに基づき58の取引ペアを上場廃止

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTimes リサーチャー | パブリックからエンタープライズまでブロックチェーンの技術, 仕組み, ユースケース, 動向などを幅広くリサーチしています。クリプトエコノミクス, プログラマブルマネー辺りのコンセプトに興味があります。

今週木曜日、OKEXは流動性が低く取引高の少ない取引ペアの上場廃止を決定したことを発表しました。

今回、上場廃止の対象となる通貨ペアは以下になります。

ティッカートークン名称上場廃止通貨ペア
READREADBTC
NGCNAGAETH, USDT
PRAProChainBTC
IPCIPChainETH, BTC
MAGMaggieETH , BTC
TRATravelBTC
VEEBLOCKvUSDT
RCTRealChainBTC, USDT
CBTCommerceBlockETH, USDT
DNAEncrypGenBTC, ETH
VIUViulyETH, BTC
RCNRipio Credit NetworkETH
MTHMonethaBTC, USDT
AVTAventusETH, USDT
CAGChangeBTC, ETH
REFRefTokenUSDT
UKGUnikoin GoldUSDT
BRDBreadUSDT
ATLATLANTUSDT
CANContent and AD NetworkBTC
CHATChatCoinETH
AUTOCUBEUSDT, BTC
MTLMetalUSDT
SUBSubStratumUSDT
EVXEverexBTC
ICNIconomiBTC, ETH
OAXOAXBTC
1STFirstBloodBTC, ETH
SDASixDomainChainBTC
XASAschETH
ASTAirSwapBTC, ETH
GSCGlobal Social ChainBTC
MOTOlympus LabsBTC, ETH
UCTUCOTBTC
AIDOCAI DoctorBTC
TOPCTopChainBTC
SPFSportycoETH
ACEACEETH
AMMMicromoneyBTC, ETH
FAIRFairGameBTC
STCStarchainETH
XUCExchange UnionBTC

発表によれば、この上場廃止により影響を受ける銘柄は以上の42種類となっていますが、これらの通貨ペアが上場廃止となるのみで、同通貨の上場廃止の対象となっていない通貨に関しては、継続して取引を行うことができます。

日程に関して、上場廃止は10月31日 日本時間14時に予定されており、それ以降の新規の注文を行うことはできず、14時時点での注文もシステム上で自動的にキャンセル処理が執行されます。

OKEXによれば、ユーザーに対して最善のサービスを提供することがOKEXの軸であり、今後もガイドラインに則って各銘柄の監視を行っていくとのことです。

記事ソース:Delisting of Trading Pairs

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事