Polkadot活用でLibra(リブラ)のスマートコントラクトを秘匿化する「pLibra」が技術内容を公開
   公開日 : 2019/09/11

Polkadot活用でLibra(リブラ)のスマートコントラクトを秘匿化する「pLibra」が技術内容を公開

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

CRYPTO TIMESの記事編集全般を担当しています。バックグラウンドは経済学とファイナンスなので、政府発行型暗号資産の仕組みや、行動ファイナンス的観点から見る市場の動きなどに興味があります。

中国発のプロジェクト「pLibra」は10日、PolkadotベースのPhala Networkを活用してLibra(リブラ)上のスマートコントラクトを秘匿化する技術のホワイトペーパーを公開しました。

pLibraはリブラと1:1でペッグされたプライバシー特化型通貨を発行するクロスチェーンソリューションで、「コンフィデンシャル・コントラクト」と呼ばれる特別なスマートコントラクトが利用できます。

pLibraホワイトペーパーより

コンフィデンシャル・コントラクトは、Phala Network (Polkadot上のパラチェーン)が入出力値や中間ステートを秘匿化するというもので、実質リブラ上でプライバシーを保護したDAppsが展開できるようになります。

Phala Networkは、今年12月のPolkadotメインネットローンチと共にオンラインになる予定で、pLibraは同時期からベータ版をリリースするとしています。

(↓Polkadot・パラチェーンをわかりやすく解説した記事はコチラ↓)

Polkadot(ポルカドット)とSubstrate(サブストレート)の概要と仕組み、取り巻くエコシステムに関して

記事ソース: pLibra / ホワイトペーパー

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事