Raven ProtocolのIDO、トークンは即完売・価格は現在約2倍近くに
   公開日 : 2019/06/18

Raven ProtocolのIDO、トークンは即完売・価格は現在約2倍近くに

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

日本時間17日午前に、分散型ディープラーニングのRaven Protocolが、Binance DEX (分散型取引所)からイニシャル・デックス・オファリング(IDO)を行ない、開始後数秒でRAVENトークンを完売しました。

IDOは、分散型取引所からトークンセールを行うRaven Protocolの独自の取り組みで、試験的な意図も含みつつ開催されることとなりました。

販売は1 RAVEN = 0.00005 BNBのレートで行われ、一人当たり100BNB相当(200万RAVEN)までとする購入制限も設けられました。総調達額はハードキャップの15,000BNBとなりました。

RAVENトークンは取引解禁と共に元値10倍の0.0005BNBまで上昇し、記事執筆時点現在は元値から約2倍近くの0.00009BNB付近に位置しています。

米国の規制状況などを受けICOが死を迎えつつある一方、2019年に入り代替的な資金調達法が大きな人気を集めています。

有名取引所が販売と上場を受け持つイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)ICOの完全互換となり、現在もっとも主流な資金調達法となっています。

資金調達法とその調達額の推移

IEOを初めて行なったのはバイナンスで、以降多くの取引所がこのスタイルを模倣する形となりました。IDOも今回が初めての試みとなり、大きな成功を収めています。今後IDOがどれほどの人気を集めるのかに注目が集まります。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事