米SEC、2017年にSAFTを実施したプロジェクトを摘発
   公開日 : 2019/08/15

米SEC、2017年にSAFTを実施したプロジェクトを摘発

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

米証券取引委員会(SEC)は12日、2017年9月から2018年4月に渡りSAFT (Simple Agreements for Future Tokens)で630万ドルを調達したSimplyVital Health, Inc.を摘発したことを発表しました。

SECの報告によると、規制状況を受け昨年4月にトークンセールを中止したという同社は、今年に入り調達した資金をすべて投資家に返金したといいます。

SAFTはICOの法的曖昧さを回避するために考案されたトークン投資契約ですが、SECによるとSimplyVital Health社の資金調達行為は米国証券法のセクション5(a) (未登録証券の販売または受け渡し)および5(c) (登録届出書提出の必要性)を違反しているといいます。

記事ソース: SEC.gov

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事