Skycoin CEOが家族を人質に18BTCを奪われる事件が発生
   公開日 : 2018/06/21

Skycoin CEOが家族を人質に18BTCを奪われる事件が発生

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTimes リサーチャー | パブリックからエンタープライズまでブロックチェーンの技術, 仕組み, ユースケース, 動向などを幅広くリサーチしています。クリプトエコノミクス, プログラマブルマネー辺りのコンセプトに興味があります。

この記事の3つのポイント!

  • Skycoinのメンバーによりコインが盗まれた疑いが浮上
  • CEOであるSynth氏は13日、家族を人質に6時間の間に渡り拘束を受けた
  • 盗まれた6466SKYを保有する取引所のアカウントは既に凍結済み

記事ソース:Skycoin’s Team Members Took As Hostage CEO’s Family and Stole 18 BTC

Skycoinのウェブサイトでの18日の発表によれば、同プラットフォームはマーケティングチームのメンバーである4名によりコインが盗まれた疑いがあることが新たに判明しています。

CEOであるSynth氏の告発によれば、6月13日に9人の人物が彼の自宅へと押し掛け、その間6時間の間彼の家族が拘束されていたようです。

供述によれば、

 

彼と自身の妻は6時間の間拘束され続け、脅迫や暴行を受け強奪が行われた。

としています。また、Synth氏はこれに関して

 

ウォレットのセキュリティのおかげで、グループは18.88BTCと6466Skycoinしか盗み出すことができなかった。ギャングはまた、Skycoinエコシステムの設計フレームワークを盗み出そうとしたがこれに失敗している。

ソース:Skycoin

と語っています。

取引所からのフィードバックによれば、盗まれたSkycoinを保有するアカウントは既に凍結されているため、市場へのインパクトは薄いと考えられています。

また、Skycoinの発表時にパニックによる売りが続出していたそうですが、これも徐々に回復の兆しを見せているようです。

shota
Skycoinの開発力には期待しているので、今まで通り頑張っていただきたいです。。。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事