Story Protocolが知的財産所有権のプラットフォームをローンチ | a16z cryptoが主導する5,400万ドルの資金調達ラウンドを実施

2023/09/06・

あどまん

Story Protocolが知的財産所有権のプラットフォームをローンチ | a16z cryptoが主導する5,400万ドルの資金調達ラウンドを実施

Story Protocolは、知的財産所有権のためのオープンソースプラットフォームとして、a16z Cryptoの主導のもと、5,400万ドルを超える資金を集めました。

この中には、直近実施された2,500万ドルのラウンドでの投資も含まれ、Hashed、Endeavor、Samsung Next、Foresight Ventures、Dao5、Insignia Venture Partners、Alliance DAO、Mirana Venturesなどの企業やエンジェル投資家が参加しています。以前はシード資金調達ラウンドで2,930万ドルを調達しています。

Story Protocolは、知的財産所有権のオープンソースプラットフォームの開発を目指しており、本日ローンチを発表しました。このプロジェクトは、インターネット時代に最適化された新しいIPプロトコルを作成し、”グローバルで拡張可能なIPリポジトリを通じてIPの創造を民主化する”ことを目指しています。

Story Protocolは、知的財産開発のライフサイクル全体を管理するフレームワークを提供し、出所追跡や摩擦のないライセンシング、収益分配などの機能を実現する計画を発表しています。共同設立者のスン・ユン・リー氏は、「ジェネレイティブAIが触媒となる総体的な豊かさの世界で、ブロックチェーン技術は透明性のある出所追跡と公正な帰属のための完璧なソリューションを提供する」と述べています。

a16z cryptoのジェネラル・パートナー、スリラム・クリシュナン氏は、web3がメディアやエンターテインメント業界の問題解決に貢献することを期待しており、このプロジェクトが”インターネットのスピードでクリエイティビティに力を与え、アーティストやファン、開発者のIPの未来に革命をもたらす可能性がある”との見解を示しています。

また、Story Protocolは、映画製作者で小説家のDavid Goyerをアドバイザーとして迎え入れています。Goyerは、映画「Blade」三部作や「The Dark Knight」三部作の脚本家として、またテレビシリーズ「Foundation」のショーランナーとして知られています。Story Protocolのメンバーは、エンターテインメント、web3、AIの各分野での実績を持つ経験豊富な起業家や専門家から成り立っており、彼らがネイティブIPインフラとしてどのような動きを見せるのか注目です。

公式サイト:https://www.storyprotocol.xyz/media/vision

Xアカウント:https://twitter.com/StoryProtocol

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks