Telegram CEO、独自ブロックチェーンTONとトークンGRAMを放棄する方針発表
   公開日 : 2020/05/13

Telegram CEO、独自ブロックチェーンTONとトークンGRAMを放棄する方針発表

アラタ | Shingo Arai

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

メッセンジャーアプリTelegramが長期にわたリ計画していたブロックチェーンプロジェクトTONを放棄する方針であるとCEO Pavel Durov氏が言及した。

同氏によると、同社の米国の規制当局との根強い戦いが背景にあることを明かしています。証券取引委員会は、米国の投資家へのGRAMの配布を停止するために、Telegramを訴えていました。

同氏がTelegramのチャンネルに投稿したメッセージによると、下記のように述べています。

「米国の裁判所は、GRAMは米国だけでなく世界的にも配布することができないと宣言しました。どうして?なぜなら、米国市民は、TONプラットフォームにアクセスする方法を見つけるかもしれない。と指摘しました。これを防ぐためには、地球上の他の国すべてがTONの利用が問題なくても、GRAMを世界中に配ってはいけないというわけです。」

彼の投稿したチャンネルの最後には、「私はこの記事を締めくくり、世界の地方分権、バランス、平等を目指して努力しているすべての人たちに幸運を祈ります。あなたは正しい戦いを戦っています。この戦いは私たちの世代の最も重要な戦いになるでしょう。私たちは失敗しました。」

記事ソース : What Was TON And Why It Is Over

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事