分散型台帳技術をセキュリティメカニズムに取り込むことで信頼の担保を Trias CEO Ruan Anbang , CTO Wei Ming
   公開日 : 2019/06/11

分散型台帳技術をセキュリティメカニズムに取り込むことで信頼の担保を Trias CEO Ruan Anbang , CTO Wei Ming

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

CRYPTO TIMESの記事編集全般を担当しています。バックグラウンドは経済学とファイナンスなので、政府発行型暗号資産の仕組みや、行動ファイナンス的観点から見る市場の動きなどに興味があります。

Triasはコンピューターセキュリティのエキスパートたちが開発を手がける中国発の分散型台帳システムです。

コンピューターやネットワークの信頼性を高める「トラステッド・コンピューティング」に焦点を当てた同プロジェクトには、セキュリティ・スケーラビリティ・分散性の全てを確立するための様々な仕組みが備わっています。

2018年にICOを実施予定だった同プロジェクトは当時、海外からも非常に注目されており、2019年5月末にKuCoinで実施したIEOでは上場後、約3倍近い価格をつけました。

今回は、Trias Japan株式会社設立記念イベントのために来日していたTriasのRuan Anbang氏(CEO)Wei Ming氏(CTO)にインタビューを行い、プロジェクトの技術的な内容や他プラットフォームとの違い、実績・計画等について詳しく聞いてみました。

Triasとは?

Triasが特にフォーカスしているのは分散型台帳としての汎用性とその「コンピューティングセキュリティ」となっており、「Leviatom」「Prometh」「MagCarta」と呼ばれる3つのレイヤーで成り立っています。

Leviatomはネットワークの基盤となるレイヤーで、HCGraphと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを用いています。さらにLeviatomはシステムの拡張性を保つために別のコンセンサスアルゴリズムを実行できるようにも設計されています。

その上に位置するPromethは各種データやソフトウェアの追跡を行うレイヤーで、法人向けSaaSなどのソフトウェアを開発するためのプラットフォームです。

最上レイヤーのMagCartaはスマートコントラクトやトークンエコノミーを包括したもので、サプライチェーンや所有権追跡、偽造検知など様々なユースケースが次々と開発されています。

TriasはTrusted Computingを追求した企業

今回インタビューに応じてくれたのはTriasのCEOであるRuan Anbang氏とCTOであるWei Ming氏です。

CEOであるRuan Anbang氏は英オックスフォード大でトラステッド・コンピューティングの博士号を取得しており、コンピューターを信頼できるようにするための研究を2007年から続けています。

CTOのWei Ming氏は北京大学でコンピューターサイエンスを学んだ後、ブロックチェーンなどのコンピューター技術の信頼性を高めるメカニズムをAnbang氏と研究するためにTriasを共同設立しました。

左からRuan Anbang氏(CEO)とWei Ming氏(CTO)

Triasがブロックチェーンで目指す先

−本日はインタビューに応じていただきありがとうございます。Triasはどういうプロジェクトなのか、紹介をお願いいたします。

Trias: 今回はインタビューをありがとうございます。Triasはコンピューターセキュリティのエキスパートが集まった企業です。弊社では「信頼できるコンピューター」を作るためのトラステッド・コンピューティングシステムを12年以上研究しています

私たちは50名ほどのチームで、そのうち40名以上がエンジニアです。北京大学との共同研究室もあり、そこには4名の教授が常駐しています。さらに、エンジニアのうち18名は博士号課程に在籍しています。英オックスフォード大学の教授2名やそのほか研究者もTriasのアドバイザーになっています。

また、TRIASは日本法人「Trias Japan」も設立し、日本の大学7校と提携しています。今後は、日本においてもアカデミック方面でも提携していけたらと思っております。

ブロックチェーンという技術は比較的新しいテクノロジーです。しかし、私たちTriasにとっては、長年重ねてきた研究と組み合わせることによって更なる最新技術を開発しています。

「Trias」という名前はラテン語で数字の3を意味しています。それにちなんで、TriasネットワークはLeviatom, Prometh, MagCartaの3つのコンポーネントで構成されています。

Leviatomはシステムの大元の基盤で、一般的なコンピューターでいうOSのような役割を果たします。LeviatomをWindows OSと例えるならば、Promethはその上でアプリケーションを開発するための「Visual Studio」のようなものです。最後のMagCartaは、こういったアプリの分散型スケジューリングを担当するコンポーネントになります。

−ブロックチェーンはTriasの一部にしか過ぎないということですね。では、なぜトラステッド・コンピューティングにそこまでフォーカスしているのでしょうか?

Trias: トラスト(信頼)というのはセキュリティの基盤だからです。例えば、あなたがボディーガードを雇うとしたら、能力・実績のある、つまり「信頼できる」人を雇わないと意味がないですよね。

コンピューターセキュリティでもこれは同じわけですが、「機械を信頼する」とは一体どういうことなのか。私たちはこういったトピックに惹かれて研究を積んできました。

トラステッド・コンピューティングのコンセプトはとてもシンプルで、「対象となるマシンが正しいアプリケーションを実行しているか」というたった1つのタスクを行うためのものです。

コンピューターは、必ず何らかのアプリケーションを通して他のマシンとコミュニケーションをとります。トラストコンピューティングではこういったアプリの動作を検閲するためのチップなどを開発する分野です。

例えば、MacBookやiPhoneでは、何をするにもアプリを通して行わなければいけません。これらのアプリに脆弱性があれば大切なデータが筒抜けになってしまうことになります。

こういった事態を防ぐためのセキュリティチップは、サーバーなどの大きな端末からカメラのような小さなものにまで埋め込むことができます。要するに端末の「頭」にチップを埋め込んで何を考えているかをチェックする、ということです。

Triasではこのコンセプトを応用して、様々なブロックチェーンプラットフォーム上でこの「アプリケーションのチェック」を実行できるメカニズムを開発しています。

こういった技術が分散型台帳上での不正なアクティビティを防止することで、ブロックチェーンは複雑なコンセンサスメカニズムを採用する必要がなくなると私たちは考えています。

−ブロックチェーンでは、トリレンマという問題をどのプロジェクトも解決しようとしています。この問題に対して、Triasは「セキュリティ」「スケーラビリティ」「分散性」のトリレンマの問題をどのように解決していきますか?

Trias: 分散性とスケーラビリティという問題はコンセンサスメカニズムの技術向上にあわせて、両立しやすくなってきました。

Triasは先に説明したセキュリティチップ(TEE)を導入することで、分散性とスケーラビリティを保ったままセキュリティも担保できるようになっています。

TEEはトラステッド・コンピューティングの一分野で、ブロックチェーンとの融合は真新しい取り組みだと考えています。

TEEをコンセンサスノードに組み込むことでそれが「嘘発見器」のような役割を果たし、複雑なコンセンサスプロトコルをデプロイする必要を省くことができます。こレを利用することで、TPSの向上にも繋がっていきます。

Triasと競合プロジェクトの違いとは?

−Triasの分散型台帳と他のブロックチェーンプラットフォームの違いや優位性は何でしょうか?

Trias: 私たちは分散型SaaSを提供することを目標としており、一般向けのDAppsというよりは法人向けアプリケーションを容易に開発・デプロイできる環境を構成しています。

例えば、Facebookなどのような大型ソーシャルメディアをまるまるTrias上に作り、プラットフォーム上でデータの動きを透明化する、などといった大規模なスケールのプロジェクトも想定しています。

ソフトウェアプロバイダはTrias上でスマートコントラクトを書くだけで簡単に分散型SaaSをデプロイすることができ、MagCartaレイヤーではトークンを発行することももちろん可能です。

もちろん、このようなTrias上のアプリケーションに対して、エンドユーザーは自身が使っているアプリの正当性を確認することもできます。私たちのブロックチェーンはまた一歩先を行くものだと考えています。

−Triasトークンはどのような役割を果たすのでしょうか?

Trias: 私たちは、プロダクトを開発して企業にそれを売り、得た資金をエコシステムの拡大に費やす、というオールドファッションなやり方に「トークンエコノミー」を加えています。

トークンはプロジェクトの認知度を上げ、投資家の方々に早い段階から利益を得てもらうための絶好のツールだといえます。

そして最終的にはTriasトークンだけでエコシステムを支え、分散型SaaSのデプロイにかかる各種費用も全てTriasトークンで支払えるような環境を作っていきたいと思っています。

Triasトークンは、発行枚数の30%がマイニング報酬に充てられており、インフレーションなどの仕組みは今のところ考えていません。

Trias アーキテクチャ

−ありがとうございます。トラステッド・コンピューティングと分散型台帳技術は両方とも一般的な企業にはまだ馴染みのないコンセプトだと思います。ユーザー・パートナー企業獲得のための戦略はありますか?

Trias: 私たちは、ブロックチェーンやトラステッド・コンピューティングなどといった技術的コンセプトを詳しく説明するようなことはあまりせず、代わりにTrias上のソフトウェアがどれだけ信頼できるのかといったところをピッチしています。

Triasが話を進めている企業の多くはかなり多くのデータを抱えており、しかもそのほとんどが顧客データなどセンシティブなもので、セキュリティの担保を必要としています。

企業側としてはそういったデータの取り扱いに関して、「利用規約などで約束したことまでしかやっていない」ことを証明しなければいけません。

これがとても難しいところなのですが、私たちは分散型台帳技術をセキュリティメカニズムに取り込むことで信頼の担保を可能にしています。「信頼の担保」は実はとても大きな市場なのです。

アダプションに関する戦略としては「まずはエンタープライズから」ということで、中国系の企業16社にソリューションを提供しています。そして、いずれはこういったクライアントのシナリオを一般化させて、スピンオフとして日本などにも持ってきたいと考えています。

こういったソリューションをメインネット公開時までにデプロイ可能にしておく、という目標も他のプラットフォームと異なる戦略だと考えています。

実際のところ、技術的にはもうすでにメインネットを公開することもできますが、こういった理由でまずはユースケースを作ってから、と考えています。

メインネットのリリースは今年末くらいになる予定です。

エンタープライズ向けのソリューションが出来上がった後は、一般ユーザー向けのプロダクトも開発し、汎用性のある分散型ネットワークの構築を目指していきます。

PromethではDAppsごとにコンセンサスメカニズムを選ぶこともでき、各々がセキュリティや効率を考慮した上で最適解を選べる応用性を生み出しています。

例えば、先ほどのフェイスブックの例では、サービス自体は分散型SaaSですが、その内側はDAppsの集合体です。ここで、「アカウント周りのDAppsはセキュリティ、写真・ビデオ周りはスループットを重視したプロトコル」などといったような使い分けができるわけです。

−現在のTriasの運用実績はどうですか?

先ほども言った通り私たちは中国でのユースケースをたくさん作り出しています。その中でも特に自信を持って紹介できるのは電力会社との共同事業です。

100社以上の企業が集まる省で3兆円近い業績を上げているこの企業との事業では、現地の政府と密接に働き、サプライチェーンのデータ管理をTriasで一括しようとしています。

こういった信用性の担保されたデータは地方政府のためだけでなく、銀行がビジネスの価値を決めたりするのにも利用でき、企業向けの融資環境も整えたりできるとも考えています。

−最後に、日本に向けて一言お願いします。

本日は、貴重な機会をありがとうございました。この後のイベントもとても楽しみにしています。

日本は規制が明確に制定されているため、私たちにとっても可能性に満ち溢れた大きな市場です。メインネット公開に向けてユースケースをたくさん開発していき、いずれそのいくつかを日本にもぜひ持ってきたいと考えています。

まずはTriasに関して、たくさん知っていただけたら我々も嬉しいです。

Trias Japan設立記念イベント

インタビューの後は、BINARYSTAR(同中央区銀座)でTrias Japan株式会社設立の記念イベントが開催されました。当日は、衆院議員の海江田万里氏、NodeTokyo Founderの大日方裕介氏らをゲストに迎え、約100人の参加者が訪れました。

Trias Japanからの挨拶として、「企業向けにブロックチェーンプロダクトを開発・提案するとともに、ブロックチェーンの社会実装を推進していきたい」と述べました。

そして、CEOであるRuan氏からはTriasのビジョンや実績などが紹介されました。Triasは単なるDApps(分散型アプリケーション)ではなく、DSaaS(分散型SaaS)と呼んでおり、「たった数行のスマートコントラクトを書くだけで、FacebookのようなSaaSを構築できるような未来」を作っていきたいと強調しました。

関連サイト

【TriasHP】
https://www.trias.one 

【Trias公式SNS】
<Twitter>
https://mobile.twitter.com/triaslab 

<Telegram>
https://t.me/triaslab 

【Trias JapanHP】
https://www.trias.tokyo

【Trias Japan公式SNS】 
<Twitter>
https://twitter.com/JapanTrias?lang=ja 

<Facebook>
https://m.facebook.com/Trias-Japan-517868675417009

<Telegram>
https://t.me/triasjapan 

<LINE@>
https://line.me/R/ti/p/%40868pcfii

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事