トランプ米大統領、リブラ含む暗号資産に否定的な見解
2019/07/13

トランプ米大統領、リブラ含む暗号資産に否定的な見解

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

ドナルド・トランプ米大統領は今月12日、ビットコインやフェイスブックのリブラなどの暗号資産への否定的な見解を示すツイートを連投しました。

トランプ大統領は、ビットコインや他の暗号資産は根底的な価値が存在せずボラティリティが高いことから「好ましく思わない」とし、規制の甘い暗号資産は違法薬物取引やその他違法行為を助長するとしました。

また同氏は、フェイスブックの暗号通貨「リブラ」は信頼性に欠けるとし、企業が銀行になりたいのであれば適切な規制に対応する必要があると述べました。

しかし、リブラのウォレットを開発するフェイスブックの子会社「カリブラ」は米金融犯罪取締ネットワークに登録されているほか、フェイスブックは米先物取引委員会(CFTC)と話をしていることもわかっています。

トランプ大統領が暗号資産に関して意見を述べたのは今回が初めてと言われており、今後同氏の動きがリブラの開発や米国内での暗号資産市場の発展にどのような影響を与えるのかに注目が集まります。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事