WanchainがBitcoinとEthereumのブリッジをローンチ!インターオペラビリティミッションにおいて急速に進歩し続ける
2018/12/12

WanchainがBitcoinとEthereumのブリッジをローンチ!インターオペラビリティミッションにおいて急速に進歩し続ける

アラタ

アラタ

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。2017年6月に初めてICOへの参加も行い、ICOの魅力に取りつかれ、積極的にICOに投資していくように。Crypto Times運営者の1人。好きな食べ物はラーメンとたくあん。

テキサス州オースティンで2018年12月11日、Wanchainは世界で最も先進的なブロックチェーンインターオペラビリティプラットフォームである、Wanchain3.0をリリースしました。

今回のプロダクトリリースはBitcoinとEthereum、そしてMakerDAOのDAI やMKRなどのERC20トークンとのクロスチェーントランザクション機能に特徴があります。今回のローンチでは全てのパブリック、そしてプライベートブロックチェーンが完全に相互に接続するWeb3.0エコノミー産業にとっての記念となるようなステップです。

インターネットの初期に、WAN(広域ネットワーク)がたくさんの孤立したLANを繋げたように、Wanchainは、いくつもの異なるブロックチェーンをつなぎ、ネットワーク間の分散した方法で価値移転を可能にするプラットフォームです。

分散型金融への道

仮想通貨とブロックチェーン業界の人々は、世界がどのように構造化されているのかを再考し、再構築するという共通の使命を持っています。この何十年でテクノロジーが進歩するにつれて、それぞれの進歩が、意図的もしくは意図しなくても、世界最大の機関と企業間に権力と富の集中を加速させてきました。

ブロックチェーンとスマートコントラクトの出現によって、人類を集権化ではなく、富、権力、信頼を人々の手に戻すことができる初めての技術的進歩を目の当たりにしています。中央集権型金融から分散型金融への移行には多少の過渡期が必要であり、中央集権的な取引所が依然として取引量の大部分を支配している現在の仮想通貨業界はその段階にいます。

しかしながら、このリリースはブロックチェーン金融における分散型の将来を加速されることになります。世界最大の取引量を誇る中央集権型取引所のBinanceでさえ、近い将来分散型取引所(DEX)をローンチすることを発表しました。

しかし、1つのブロックチェーンのためのDEXを作るのは、LANネットワーク上で新しい電子メールサーバを作成するようなもので、基本的な問題に対処していません。全てのアプリケーション、DEX、プロトコル、そして他のブロックチェーンのコンポーネントは完全にブロックチェーン間で相互に運用できるまでは私たちのビジョンは達成されません。これを実現することこそがWanchainのミッションです。

 

「Wanchain3.0は私たちのこれまででの最大のリリースで、BitcoinネットワークのユーザーをEthereum上で構築しているトークンやプロジェクトに持ち込みます。私は会社を立ち上げたときに掲げた2018年最後のマイルストーンを達成したWanchainのチームを誇りに思います。Wanchainは全てのデジタル資産を分散化された、トラストレスで、許可不要な方法で繋げる基盤となるコンポーネントの1つになるという長期的な目標に徹底的に集中し続けます。」Jack Lu Wanchain創業者、CEO

Wanchain – 世界で最も先進的なインターオペラビリティプラットフォーム

Wanchainは2018年1月にWanchainプラットフォームのためのバージョン1.0のリリースをはじめ、それからEthereumとの相互運用性のあるバージョン2.0をこの夏にローンチしました。

現在、Wanchainはバージョン3.0をリリースし、業界におけるもっとも強力なブロックチェーンネットワーク2つをつなぎ、そのコミュニティを1つにします。Wanchainは、クロスチェーンメカニズムとセキュアマルチパーティコンピュテーションによって、この画期的な進歩を達成しました。

BitcoinとEthereumのクロスチェーントレードの例は、WanchainによってスマートコントラクトとStoremanノードでそれぞれのチェーンにネイティブトークンをロックし、Wanchain上(Wanchain-ETHなど)にプロキシトークンを作成したら、元のチェーン上のコインの償還のためにスマートコントラクトをリリースします。

さらに、Wanchainはクロスチェーントランザクションプロセスをさらにシームレスにするための開発者向けのパッケージを最近作成してきました。このパッケージはWanX (Github)と呼ばれ、Wanchain上でクロスチェーントランザクションを行おうとしている開発者が取り組むことができ、クロスチェーンアプリケーションの作成における効率性を劇的に向上させることができます。

ユースケースの新しいウェーブを可能にする

Wanchainのクロスチェーンに取り組んでいるEthereumベースやWanchain上に直接構築しようとしている分散型取引所はBitcoin取引ペアを提供することができるようになります。

BTCとの分散型取引所での新しいペアによって、この分野における流動性が劇的に向上するようになります。このクロスチェーン機能のための他のユースケースとしてはクロスチェーン仮想通貨ローン、複数チェーンを活用している仮想通貨決済、そしてEthereumにしか対応していないアプリケーションにBitcoinを導入するためのあらゆるケースが考えられます。BitcoinとのクロスチェーンによるチャンスはWanchainと業界両方にとって、かなりエキサイティングです。

Wanchainのビジョン

私たち全員が構築し、所有するという、分散型にこそ未来があると信じています。

Wanchainのビジョンは私たちのテクノロジーを通して、コミュニティにつながるようにすることです。近い将来、金融の未来を築き、信頼を得るためにブランド、政府、機関の代わりに数学に依存する包括的で分散型の経済を可能にするために貢献できることを大変うれしく思っています。

私たちはこれからもブロックチェーンとの統合の強化、エコシステムの成長のために新しいチェーンの実装、Wanchainでの開発者しやすさの強化、クロスチェーン機能を活用したユースケースの拡大に集中していきます。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事