コインチェックの補償・返金開始に伴いNEM(ネム)が急上昇 / 他通貨は降下
   公開日 : 2018/03/14

コインチェックの補償・返金開始に伴いNEM(ネム)が急上昇 / 他通貨は降下

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

この記事の3つのポイント

  1. 他通貨の降下に逆らいNEMは16%上昇
  2. 取引の大半は韓国・日本が占める
  3. 上昇の理由はコインチェックの補償・返金声明

本記事引用元:NEM Price Jumps 16% as Other Top Coins Tumble

市場の流れに逆らいNEMが急上昇

トップ100通貨のうち97通貨もが下目に出た今日。その下降トレンドに逆らうようにNEM(XEM)が16%(対USドル)の急上昇時価総額ランキング12位(約40億円)にまで上り詰めました。

取引ボリュームの約60%は韓国ウォンや日本円とのペアが占めており、他のペアもアジア圏の取引所の存在が大きいです。

急上昇のワケはコインチェックの補償・返金声明

3月12日、コインチェックは1月26日に起きた約5億XEMの不正送金に関する補償を発表しました。

前代未聞のスケールのハッキングとなった今回の事例では、当時レートで約5億3千万ドル相当のNEMが不正送金されました。しかし、現在のレートで換算するとほぼ半分の約2億3千万ドルとなります。

1コインあたり88.549円の補償レートに対し、現在のレートは約45円/XEMほど。今回のNEMの急上昇は、返金を受けた投資家が当時の約半額になったNEMを買い戻したことが影響していると考えられます。

日系取引所、ZaifのJPY/XEMペアは現在のNEM取引ボリューム全体の4分の1以上を占めており、補償対象者によるNEM買い戻しを裏付けています

補償・返金対象者による買い戻し、およびハッキング事件を受けNEMを手放した他国投資家による再購入が今後も続いた場合、NEMは更に上昇し続けると考えられます。

これからも上昇し続けるのか、しないのか。気になって夜もNEMれませんね!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事