【Xtheta(シータ)の登録方法・使い方】入出金・仮想通貨売買まで徹底解説
   公開日 : 2020/04/23

【Xtheta(シータ)の登録方法・使い方】入出金・仮想通貨売買まで徹底解説

さっちゃんCRYPTO TIMES公式ライター

2017年あたりから仮想通貨に触り始めました。こちらでは通貨・プロジェクトについてまとめた記事を書くことが多いです。

Xthetaは日本国内では初めての「仮想通貨取次サービス」です。

つまり、利用者が直接仮想通貨を売買するのではなく、利用者に代わって仮想通貨を売買してくれるサービスです。

株や外国為替と違って、仮想通貨の取引は世間的な認知はまだまだです。よくわからないまま手を出すと、大切な資産を溶かしてしまう恐れも。

そういう不安を抱えるかたを対象にしたコンシェルジュのようなサービスです。

このページでは、そんな方に向けて、Xthetaの基本的な情報をまとめました。

これさえ読めば、Xthetaの登録・口座開設の手順、日本円や仮想通貨の入出金、仮想通貨売買など、基本的な部分はすべてわかりますよ!

Xthetaの基本情報

名称Xtheta (シータ)
公式サイトhttps://xtheta.co.jp/
運営会社株式会社Xtheta(シータ)
設立2017年5月
所在地〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル204号
資本金85,005,000円
代表取締役CEO武藤浩司
取り扱い通貨ペアビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、
イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、
ライトコイン(LTC)、ネム(XEM)

Xthetaは、仮想通貨の「取次サービス」を行う、国内唯一の業者です。

利用者の要望に応じて、利用者に代わって仮想通貨取引所と仮想通貨の取引を行い、利用者の資産形成をサポートします。

Xthetaの登録・口座開設方法を徹底解説!

Xtheta

では最初に、Xthetaの登録・口座開設の手順を画像付きで解説していきます。

Xthetaの登録・口座開設は、XthetaのHPから行います。

様々な情報を入力する登録作業があり、そのあとで、Xthetaによる審査が行われます。審査には1週間程度かかるので、使う予定がある方は早めに登録しておくのがおすすめです。

Step1. HPから口座開設開始

Xtheta 登録

XthetaのHPで「口座開設」をクリックすると、メールアドレスとパスワード設定のページが開きます。

あなたのメールアドレスと、パスワードを入力して「Sign up」をクリックします。

Step2. 交付書面や約款の確認

Xtheta 登録

「Sign up」をクリックすると、交付書面や約款の確認のページが開きます。

様々な規約や同意書など、重要文書がありますので、それぞれを開いて内容を確認しましょう。

内容に問題がなければ、それぞれの書面のチェックボックスにチェックを入れて、「同意します」をクリックします。

Step3. 個人情報の登録

Xtheta 登録

交付書面や約款の確認が終了すると、次は個人情報の登録です。「同意します」をクリックすると、上のようなページが開くので、「個人口座開設」をクリックします。

Xtheta 登録

このページでは、以下の情報を入力します。

  • 氏名、生年月日、国籍、住所などの基本情報
  • 年収や保有資産、投資経験など
  • 勤務先
  • 仮想通貨取引の目的

さらに、このページから本人確認情報の写真をアップロードします。

利用可能な本人確認書類は、以下のいずれかです。

  • 運転免許証(表面、裏面)
  • パスポート(顔写真入りページ、所持人記入欄のページ)
  • マイナンバーカード(表面)
  • 住基カード(表面、裏面)
  • 在留カード(表面、裏面)
  • 特別永住者証明書(表面、裏面)

これ以外に「本人確認書類の表面あるいは顔写真入りページ」と、本人自身が一緒に写っている写真をアップロードする必要があります。

Xtheta 登録

すべてを入力し、ページの一番下の「確認」をクリックします。

正しく入力されていれば、以下の確認の画面が表示されます。

Xtheta 登録

「はい」をクリックすれば、入力内容の確認のページが表示されます。さらに、そのページの一番下の「登録」をクリックすれば、個人情報の登録は終了し、Xthetaの運営会社による審査の開始です。

審査の結果は、簡易書留で登録した住所に届きます。

簡易書留が利用者に届いたことを運営会社が確認できたら、登録・口座開設の手続きはすべて終了です!

審査期間は?
Xthetaの登録審査は1週間程度かかりますので、ゆっくり待ちましょう。

Xthetaの日本円の入出金をマスターしよう

Xtheta 入金

Xthetaでは、仮想通貨の売買に使える法定通貨は日本円のみ、入出金ができるのも日本円のみです。

ドルやその他の法定通貨は利用できません。また、仮想通貨の入出金もできません。

出金する場合は、仮想通貨を売却して日本円に変える必要があります。ここでは、Xthetaでの日本円の入出金方法について確認していきましょう!

資産管理の仕方

日本円を入金する方法

Xthetaの口座への日本円の入金は、Xtheta指定の銀行口座に日本円を振込むことになります。

利用者による振込みがXthetaの運営会社によって確認されたら、個人の口座に入金が反映されます。

入金の方法を順を追って解説していきますね。

Xtheta 登録

まず、XthetaのHPにログインして、上のような画面を表示させましょう。

ここで「預け入れ」をクリックすると、入金金額を入力するページが表示されます。

Xtheta 登録

このページで入金する金額を入力し、「銀行振込み」をクリックします。

確認のページが表示されますので、「はい」をクリックすると、日本円の振込み先が表示されます。

Xtheta 登録

指定された振込み先に日本円を振込んで、しばらく(2営業日以内)待てば、Xthetaの個人口座に入金が反映されます。

振込IDは、振込みの際に、振込み人の名前の前につける数字です。

ネット上での入金申請と実際の振込みとを、Xthetaの運営会社が照合するためのIDですので、振込みの際に忘れず記載しましょう。

IDをつけ忘れると?
IDをつけ忘れてしまうと、振込が反映されるまでに時間がかかります。スムーズに入金するためにも、IDは忘れずにつけるようにしましょう。

日本円を出金する方法

日本円を出金するには、あらかじめ銀行口座を登録しておく必要があります。

Xthetaには複数の銀行口座の登録が可能です。出金の申請時に、登録済みの銀行口座の中から出金先を選択します。

銀行口座の登録から順番に解説していきますね。

銀行口座の登録手順

銀行口座を登録する手順を説明しましょう。

Xthetaにログインした直後に表示されるホームページで、「設定」をクリックし、設定のページを開きます。このページでは、パスワードや利用者の連絡先等の設定ができます。

銀行口座の登録もこのページで行います。

Xtheta 登録

金融機関名や口座番号などの、銀行口座に関する情報を入力します。

「口座のニックネーム」は、日本円の引き出し申請の際に口座を選択する時に表示される名前です。

情報を入力した後に「追加する」をクリックすると、確認のページが表示されます。ここで「はい」をクリックすると、銀行口座が登録されます。

日本円の出金手順

銀行口座をひとつでも登録してあれば、日本円の出金が可能になります。

銀行口座の登録が完了したら、日本円の出金に進みましょう。

Xtheta 登録

Xthetaにログインした直後に表示されるホームページで、「引き出し」をクリックし、日本円の引き出しのページを開きます。

出金する金額を入力して、出金先の銀行口座を選択し、「銀行振込み」をクリックすれば、日本円の出金の申請は完了です。

Xthetaの基本的な取引方法を徹底解説!

Xtheta 使い方

Xthetaで取引可能な仮想通貨は、以下の6種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)

Xthetaは、利用者と仮想通貨取引所の間に立って、あなたの代わりに仮想通貨の取引をしてくれるサービスです。利用者は、売買する通貨と数量のみを指定すれば、Xtheta側で適切なタイミングを選んで、売買を実行してくれます。

詳しい手順を順を追って解説していきますね。

Xthetaの使い方

仮想通貨を購入する手順

Xtheta 登録

仮想通貨を購入するには、Xthetaにログインした直後に表示されるホームページで、「買う」をクリックして通貨の購入のページを開きます。

購入する仮想通貨を選択して、購入数量を日本円で入力し、「購入」をクリックします。

Xtheta 登録

確認画面が開きますので、内容を確認し、「購入時点ので価格変動リスクがあることについて了承しました。」をチェックして、「はい」をクリックします。

すると4桁のワンタイムパスワードの入力を求められます。

Xtheta 登録

ワンタイムパスワードは、Xthetaに登録したメールアドレス宛に送られます。メールに記載されている4桁の数字をこのページに入力して、「確認」をクリックすれば、仮想通貨の購入申請は完了です。

あとは、適切なタイミングでXthetaが通貨を購入しますので、しばらく時間が経過した後に取引履歴を確認すれば、いつ、いくらで購入したかを確認することができます。

仮想通貨を売却する手順

Xtheta 登録

仮想通貨の売却の手順は、購入の手順とほぼ同じです。

まず、Xthetaにログインした直後に表示されるホームページで、「売る」をクリックし、通貨の売却のページを開きます。売却する仮想通貨を選択して、数量を入力し、「売却」をクリックします。

Xtheta 登録

確認画面が開きますので、内容を確認し、「売却時点ので価格変動リスクがあることについて了承しました。」をチェックして、「はい」をクリックします。

この後、購入時と同様にワンタイムパスワードの入力を行えば、仮想通貨の売却申請は終了です。

購入と同様に、適切なタイミングでXthetaが通貨を売却します。あとで取引履歴を確認すれば、いつ、いくらで売却したかを確認できます。

まとめ

Xtheta

Xthetaの登録方法や取引方法についてまとめました。

Xthetaは、長期的に資産形成を目指す方を対象としたサービスです。

通常の仮想通貨取引所と違って、売買注文に即応するサービスではないので、短期での売り買いを重ねて、薄い利益を積み上げるというトレードには不向きです。逆に、日々の値動きにとらわれず、じっくり資産を育てていくことに向いています。

この違いよくを理解して、Xthetaと通常の仮想通貨取引所とをうまく使い分けてみてくださいね。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事