証券市場に未上場のAirBNB株がFTXにてトークン化株式としてトレードを開始
   公開日 : 2020/12/10

証券市場に未上場のAirBNB株がFTXにてトークン化株式としてトレードを開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

暗号資産デリバティブ取引所FTXがIPO前のトークン化したAirBNBの株式をトレード開始しました。

今回提供を開始するABNBはPre-IPOコントラクトと言う扱いになります。このコントラクトはデリバティブ契約を表しており、そのパフォーマンスは証券取引所における最初の取引日の時価総額と連動しています。

執筆現在はABNBは81.39USDで取引されています。

Pre-IPOコントラクトは投資会社CM-Equityが購入/販売価格を設定し、 CM-Eから直接の購入と売却のみが可能で自由なトランスファーはできません。

また、Airbnbが来年の3月9日までにナスダックなどの株式市場へ上場しなかった場合は、ABNBのトレードが取り消される可能性があります。

Markets InsiderによるとAirBNBはIPOにおける一株の価格帯を$44から$50と設定していましたが56$から60$へと変更しました。AirBNBはIPOにて5000万の株式を発行する予定で、IPOで発行される株式の総額は3000億円相当になると予想されます。

また、AirBNBのバリュエーションは4兆2000億円相当になる見込みです。

※下記のリンクから登録を行うと5%の取引手数料のディスカウント、さらに本人確認認証まで済ましたユーザーはトレードの取引手数料で利用可能な$30分のバウチャーがついてきます。

記事ソース:FTXMarkets Insider

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事