Asics(アシックス)がNFTを発表、落札者はメタバース等のアバター使用可能に
   公開日 : 2021/07/14

Asics(アシックス)がNFTを発表、落札者はメタバース等のアバター使用可能に

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

Asics(アシックス)が3Dデジタルアセットの「THE ASICS SUNRISE RED™ NFT コレクション」をOpneseaのオークションで販売することを7月13日に発表しました。

オークションの開催期間は2021年7月16日 (金) 午前1時 (日本時間)~2021年7月20日 (火) 午前1時 (日本時間)となっております。9種類のシューズやサンダルを出品予定で、全189点のNFTがOpenseaで販売されます。

オークション開催ページ

画像:Asics NFT

LIMITED EDITIONとGOLD EDITIONで分かれており、LIMITED EDITIONは20点づつ発行予定。GOLD EDITIONは1点のみの発行予定となっています。

シューズ、サンダルの型番はこちら

  • METARACER ™
  • GEL-LYTE™ III
  • METASPEED™ Sky
  • GEL-RESOLUTION™ 8
  • SANDALS
  • GEL-QUANTUM 360™
  • FLIP FLOPS
  • METARISE™
  • METASPRINT™

画像:Asics NFT

落札者は特別にシューズの3Dモデルを含むパッケージアクセス権が付与されます。レンダリングやアニメーション、もしくはメタバース上のアバターに履かせて使用したりすることができます。

提供ファイル

  • フル3Dシューズモデル(GLBファイル)
  • テクスチャーとマップ (PNG ファイル)

メタバース上で履かせることができるとのことなので、Decentralandなどで今後asicsのシューズを履いたアバターを見かけるかもしれません。

環境問題にも考慮しており、「今回の取り組みでは、ブロックチェーンによる排出の削減は難しいものの、Aerial社と協力してこのNFTの取り組みで生じたカーボン排出量と同等のクレジットを購入し、北米における American Carbon Registryにより承認された森林保護プロジェクトをサポートしていきます。」とHPに明記してありました。

Asics NFT HP

NFTやイーサリアム、Openseaがわからない人向けにもしっかりとFAQで対応してあります。初めての方は、FAQをしっかりと読んでからオークションに参加することをオススメします。

Asics NFT FAQ

記事ソース:Asics NFT

画像:shutterstock

 

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事