Astar/Shiden Networkが33億円規模のエコシステムファンド立ち上げを発表、Microsoftもエコシステム構築支援
   公開日 : 2021/09/06

Astar/Shiden Networkが33億円規模のエコシステムファンド立ち上げを発表、Microsoftもエコシステム構築支援

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTimes リサーチャー | パブリックからエンタープライズまでブロックチェーンの技術, 仕組み, ユースケース, 動向などを幅広くリサーチしています。クリプトエコノミクス, プログラマブルマネー辺りのコンセプトに興味があります。

ct analysis

Polkadotエコシステムでパブリックチェーン「Astar Network/Shiden Network」の開発をリードするステイクテクノロジー(本社:シンガポール、代表取締役CEO:渡辺創太)は、Astar/Shidenのエコシステム拡大を目指す「Astar & Shiden エコシステムファンド I」の立ち上げを発表しました。

「Astar & Shiden エコシステムファンド I」の規模は$30M(約33億円)となっており、ファンドを通じたプロジェクトへの支援によりPolkadot/KusamaにおけるマルチチェーンでのDAppハブとなることを目指します。

対象となるAstar/Shidenのインフラ関連プロジェクト、アプリ関連プロジェクトに対しては、このファンドを通じて経済的・技術的なサポートが提供されることになります。

また、第一号ファンドが特に注力する領域は以下となっています;

  • 開発者向けプログラム参加者、参加プロジェクトへの経済的サポート
  • グロースサポート
  • 取引所などとのキャンペーン実施
  • プロジェクトへの投資、VCの紹介
  • AstarとShidenの開発で蓄積した知識の還元

このファンドは、Astarの姉妹ネットワーク「Shiden Network」のネイティブトークン「SDN」の総供給量の6%(執筆時時価が33億円相当)が利用され、2~3年間をかけて目的の達成に向けて支出されるとしています。

Microsoftもエコシステム構築支援

さらには、日本のMicrosoft社もAster Network/ShidenNetworkのエコシステム構築において「Microsoft For Startups」を中心としたマーケティング方面、インフラ分野で幅広く支援を行うことを表明しています。

マイクロソフト社が提供するAzureなどのマイクロソフト提供サービスやマイクロソフトのグローバルネットワークを活用し、グローバルで活躍する起業家、ブロックチェーンエンジニアを包括的に支援し、ブロックチェーンのさらなる分散性を担保しAster Network/Shiden Networkのエコシステムの一員として強力なサポート、エコシステム構築に協力すると発表されています。

Astar/Shiden Network関連リンク

開発者向け「ビルダーズプログラム」の詳細

Astar Network Official

記事ソース:PR TIMES

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事