Avalancheサブネットはパブリックチェーン部門でどのように目立ったのか?
   公開日 : 2022/09/01

Avalancheサブネットはパブリックチェーン部門でどのように目立ったのか?

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

1. Avalanche(アバランチ)とは?

1)Avalancheは、2020年9月にニューヨークのAva Labsによって設立され、スピードや分散性を損なわずにスケーラビリティを向上させることを試みています。そのプライマリーネットワークは、3つのビルトインブロックチェーンネットワークで構成されています。

2)Exchange(X)チェーン:AVAXトークンや他のデジタル資産の作成と取引に使用されます。取引手数料はコンセンサスプロトコルによってAVAXで支払われます。

3)Contract(C)チェーン:スマートコントラクトの作成に使用されます。CチェーンはEVM互換のDAppsをサポートし、Avalancheコンセンサスプロトコルを改良したSnowmanコンセンサスプロトコルを使用します。

4)Platform(P)チェーン:P Chainはバリデーターを調整し、サブネットの活動を追跡し、サブネットの作成をサポートします。またこのチェーンはSnowmanコンセンサスプロトコルを使用しています。

3つのチェーンはすべて、Avalancheのプライマリ・ネットワークによって検証され、安全が確保されています。

Avalancheは、各チェーンに異なる機能を搭載することで、1つのチェーンに全てのオペレーションを集中させるよりも、スピードとスケーラビリティを向上させています。また、開発者は各チェーンのニーズに応じてオーダーメイドのコンセンサスメカニズムを設計することができます。

Avalancheコンセンサスは、Avalancheの最大のブレークスルーの一つです。バリデータはサブサンプル投票の繰り返しに依存し、高速かつ手頃なコンセンサスを実現します。またこのネットワークでは、水平方向に拡張する新しい方法としてサブネットを使用しており、カスタマイズ可能で相互運用可能なブロックチェーンの作成を可能にしています。

注目すべきは、3つのチェーンのうちX ChainだけがAvalancheコンセンサスを利用していることで、AVM(Avalanche Virtual Machine)のインスタンスになっていることです。現時点では、X ChainはAvalancheウォレットと取引所ウォレット間の相互作用によく使われています。

しかしこれはX Chainの大きな可能性と広範なユースケースを表しているわけではありません。Avalancheのビジョンの1つは、より多くの従来の資産をブロックチェーンに乗せることであり、そのためには資産を定義する必要があります。

例えばある資産はある国の人しか取引できないとか、ある期間内にしか取引できないとか、その他の特定のシナリオで取引できるというようにです。Avalanche社のホワイトペーパーでは、X Chainを「デジタルアセットを作成し、取引するための分散型プラットフォーム」と定義しています。このような機能は、Avalancheのビジョン達成に貢献しうるにもかかわらず、しばしば無視されています。

2. サブネットとは?

AvalancheもEthereumと同様に、分散型でありながらネットワークのスケーラビリティとセキュリティ性能の向上に努めており、サブネットはそのビジョン達成の鍵となるものです。

AvalancheのサブネットはAvalancheコンセンサスを採用しており、これは簡単に言うと、ノードがランダムに選ばれたバリデータのグループにトランザクションを送り、そのトランザクションが有効かどうかを尋ね、サンプル中のほとんどのバリデータが出した答えがグループのフィードバックとして採用される仕組みです。

次に、同じ数のバリデータを持つ、ランダムに選ばれた別のグループにトランザクションを送信し、上記のプロセスを繰り返します。ノードは、一貫性を保った(連続した)回数が一定の要件に達すると、その答えを採用することになります。

プライマリネットワークと同様に、サブネットは自身のブロックチェーンネットワークを検証し、安全性を確保する責任があります。基本的にサブネットは、対応するネットワークのセキュリティに共同で責任を負う検証者の集合体です。

つまり、プライマリネットワークも特別なサブネットであり、プライマリネットワークのP Chainはすべてのサブネットにサービスを提供します。したがって、オーダーメイドのサブネットは独自のブロックチェーンを作成しますが、それでもAvalancheネットワーク全体のセキュリティの恩恵を受けることができます。

サブネットのバリデーターになるには、まずプライマリーネットワークで最低2,000のAVAXトークンをステークし、メインネットバリデーターになる必要があります。このように、サブネットバリデーターは、主要ネットワークとそのサブネットに同時に責任を持ちますが、他のサブネットでの取引を処理する必要はありません。

サブネット内には複数のブロックチェーンネットワークが存在しうるのですが、それらはすべてそのサブネットのバリデーターによって管理されます。つまりバリデータノードは、異なるサブネットのバリデータとして機能することができます。

3. サブネットの特徴は何ですか?

Avalancheサブネットは、さまざまなプロジェクトの要求に応えるため、高度に自律的となっています。

a. バリデータの設定:サブネットは、さまざまな資金規模のプロジェクトの要求を満たすために、任意の数のバリデータを選択することができます。サブネットでは、ネットワークの健全な運用を確保するために、少なくとも5人のバリデーターを必要とし、ネットワークの安全性と安定性を維持し、将来発生しうる他のニーズに対応するためには、10人のバリデーターがあれば十分です。

さらに、サブネットは特定のバリデータの設定を要求することもあります。例えばコンプライアンス要件を満たすために、一部の国でKYC認証に従事するようバリデーターに要求することが可能です。この機能は企業間の協力にも適用されます。例えばサブネットは、ある企業にバリデータに対する管理権限を与え、情報の内部流通を 可能にし、商業情報の漏洩を回避することができます。

b. ガス料金のカスタムトークン:サブネットは、任意のトークンをネットワークのガス料金として採用することができ、採用されたトークンはより価値が高くなります。

また、GameFiやDeFiのプロジェクト、特にすでに大きな取引量を確立しているプロジェクトにとっては、ユーザーへの負担を軽減するための手数料パラメータを設定することができ、大きなプラスとなります。このような機能により、プロジェクトの長期的な健全な成長が可能になります。

c. トランザクションの高速化:サブネットはメインネットとネットワーク負荷を共有しないため、低遅延と高TPSを誇ります。またバリデータが十分にあれば、サブネットの数は理論上無制限です。

d. 取引手数料が安い:1つのネットワーク上で全ての活動を行うブロックチェーンと比較して、多数のサブネットとそのバリデーターは混雑を緩和することができます。

一般にサブネットの中核的な可能性は、ユーザーがネットワークのルールをカスタマイズすることで、よりビジネスに適したチェーンを構築できる点にあります。例えば、GameFiプロジェクトを対象としたブロックチェーンでは、ノードに高度なハードウェア構成を要求することが多く、そのようなチェーンでは、バリデーターに他の要件を設定することもあります。

最近では、CrabadaのSwimmer NetworkとDeFi KingdomのDFK Chainがゲームに特化したサブネットとして人気を博しています。ネットワークの速度を向上させ、インセンティブを提供するため、両サブネットはプライマリートークンをGas Feeに採用し、ネイティブトークンの適用範囲を広げています。

現時点ではサブネットを立ち上げたプロジェクトは、Ascenders、Shrapnel、Cryptoseal(CrabadaとDeFi Kingdomに加え)をカバーする数少ないプロジェクトに過ぎません。これらのプロジェクトのほとんどはゲームに重点を置いており、現在開発中です。

4.サブネットはL2とどう違うのですか?

特筆すべきは、サブネット間の相互運用がビーコン/リレーチェーンを介さずに直接完結できることです。つまり、サブネット間で資産を自由に移動させることができ、ブロックチェーンの最大の特徴であるコンポーザビリティを高めることができるのです。

今日のCrabadaやDeFi Kingdomのように、サブネットが独立したプロジェクトである未来を想像してみましょう。その場合、サブネット間の直接的なコミュニケーションは、プロジェクト間のより良い、より速い相互作用を意味し、分散型世界ではより満足度の高いユーザー体験を提供できるようになります。例えば、NFTサブネットはアセットをDeFiサブネットに素早く接続でき、ゲーム用サブネットは機能を別のゲーム用サブネットにすぐに移行できるかもしれません。

このような機能はサブネットでしか実現できません。現在、L2プロジェクト間のコミュニケーションは非常に複雑です。Ethereumのメインネットを経由して、パブリックチェーン並みに安全にやりとりする必要があります。しかしその分、著しい非相互運用性や流動性の分断といった問題が生じています。

例えば、ArbitriumやZKSyncのようなL2ソリューションに関しては、サードパーティのブリッジ(成熟した安全なクロスチェーンブリッジは今のところ市場に存在しない)またはEthereumメインネットを通じて資産を移動させる必要があります。さらに、そのような資産はL2プロジェクト間で自由に移動できないため、異なるDeFiプロトコルが共存し、Win-Winの結果をもたらすことが難しくなっています。

サブネットの利点は挙げればきりがない。例えば、サブネットの手法を使えば新しいブロックチェーンを展開するのは簡単(かつ安価)ですし、チェーンは同じバリデーターを再利用することも可能です。にもかかわらず、その欠点も明らかです。

サブネットはメインチェーンのセキュリティ性能の恩恵を受けることができず、そのクロスチェーンブリッジも攻撃に対してより脆弱なのです。このようなセキュリティの低さは、相互運用性を向上させるための必然的なコストでもあるのです。一方ノード数が少ないため、サブネットは著しく中央集権的になっています。

このような長所と短所があるため、サブネットのソリューションは極めてターゲットに特化したものとなっています。つまりすべてのプロトコルに適用できるわけではありません。例えば単純なSubnetは、DEXやDeFiの最下層にあるレンディングプロトコルなどはセキュリティ要求の高いプロトコルには不向きで、プライマリネットワークの合意形成可能なセキュリティの方が適しています。

また、サブネットはGas Feeの支払いやステーキングに独自のトークンを使用するため、ネットワークの総資産価値も限定的(トークンの総資産価値より低い)です。さらに、そのようなトークンは不安定になりがちなので、Gas Feeも不安定になります。

全体として、サブネット設定はGameFiプロジェクトのような資産価値の低いプロトコルに適しています。サブネットは、ゲーム用に新しいチェーンを素早くデプロイしたい場合に最適な選択となります。

5.サブネットの利用シーンは?

DeFi: DeFiのプロトコルをサブネットで構築するメリットは、取引手数料の安さ以外に、カスタマイズ性の高さも挙げられます。プロトコルはそれぞれのニーズに応じて、サブネットのルールや機能をカスタマイズすることができます。

例えば、Ava Labsは、Aave Companies、Golden Tree Asset Management、Wintermute、Jump Crypto、Valkyrie、Securitizeなどと協力し、機関投資家のDeFiをターゲットに、ネイティブKYC機能を持つサブネットを構築しています。

このサブネットでホストされるすべてのDeFiアプリはこのKYC機能を利用でき、機関投資家が採用する主要な規制上の障害を取り除き、規制対象機関が急成長するDeFi空間を探索できるようにします。

GameFi: GameFiプロトコルは他のプロトコルと同じチェーン上に存在する必要がなく、独自の専用ブロックスペースを必要とするため、サブネットはGameFiプロトコルにとって素晴らしい選択肢となるでしょう。

ゲームプロトコルは当然多くのネットワーク容量を必要としますが、サブネット上に存在することで、他のリソース集約型DAppsとトラフィックを共有する必要がありません。新しいゲームも、Shrapnel、Crabada、DeFi Kingdoms、Imperium Empires、Heroes Chainedといった他のブロックチェーン上のゲームも、サブネットに移行しているのは不思議なことではありません。


Sponcerd Article

※本記事は企業が発信するプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事