Binanceが中央集権方の流動性供給者向けのAMMプールをローンチ
   公開日 : 2020/09/07

Binanceが中央集権方の流動性供給者向けのAMMプールをローンチ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

大手暗号資産取引所Binanceが、9月4日に中央集権方の流動性供給者向けのAMMプールをローンチしました。

Binance Liquid Swapと呼ばれる、自動で即座にトークンのスワップを行うことができるこのAMMは、Uniswapなどのスワッププロトコルと違い中央集権方であることが特徴です。

Binanceは以下の3種類のトレーディングペアを採用しています。

  • USDT/BUSD
  • BUSD/DAI
  • USDT/DAI

イーサリアム上に構築されたDeFiスワッププロトコルUniswapはシリーズAラウンドで11億円以上の資金調達を完了しました。こちらはDecentralised Financeと呼ばれる通り、分散型のプロトコルとなっています。

記事ソース:The BlockBinance

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事