Binance DEXがGoogle Chromeの拡張機能を通して利用可能に
   公開日 : 2019/07/22

Binance DEXがGoogle Chromeの拡張機能を通して利用可能に

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Binanceは今月18日、同社が展開する分散型取引所「Binance DEX」がGoogle Chromeの拡張機能を通して使えるようになったとTwitter上で発表しました。

今回発表された機能はEqual Walletというウォレットサービスを利用したものとなっています。

Equal WalletはイーサリアムとBinanceChainに対応しており、ERC・BEPトークンを簡単に送受信できます。また、EQL dApp StoreやWeb3インジェクション、WEB3 APIサポートなど複数の機能を備えています。

ユーザーがERC20もしくはBEP2トークンを送金する際にサードパーティのサービスを介する必要がないのがEqual Walletの特徴となっています。

また、保有している資産を現地通貨建てで表示できたり、送金の際に適切な送金手数料(Gas)を自動設定できる機能なども搭載されています。

記事ソース: Twitter, CryptoNewsZ

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事