バイナンスがビットコイン連動型BEP2トークン「BTCB」を発表
   公開日 : 2019/06/18

バイナンスがビットコイン連動型BEP2トークン「BTCB」を発表

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

大手暗号資産取引所のBinance(バイナンス)が、ビットコイン(BTC)と連動したバイナンスチェーン上のBEP2規格トークン「BTCB」の発行を発表しました。

バイナンスは、人気のある暗号資産をバイナンスチェーン上に移植することで、Binance DEX(分散型取引所)で取引できる銘柄を増やすといいます。BTCBはその第一弾で、今後他のトークンの移植も行なっていくとされています。

BTCBは、アトミックスワップなどのクロスチェーンソリューションを使用したものではなく、法定通貨連動型ステーブルコインのように準備金(BTC)でトークンの価値を担保するものとなっています。

バイナンスは、BTCBは集権的なアプローチを取ったトークンではあるものの、スワップを活用したケースよりもユーザー視点で使い勝手が良いとしています。

また、法定通貨連動型と異なり準備金のアドレスがブロックチェーンエクスプローラ上に開示されている点も、透明性の確立に繋がるといいます。

リザーブアドレスは現在9001BTCを保有しており、バイナンスはこれに対応して9001BTCBを発行しています。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事