Binance Launchpoolが異なるチェーンのファーミングや流動性を統合できるReef Financeを発表
   公開日 : 2020/12/24

Binance Launchpoolが異なるチェーンのファーミングや流動性を統合できるReef Financeを発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

Binance Launchpoolは、分散型ファイナンス (DeFi) を利用した新たなプロジェクトReef Financeを発表しました。Reef Financeは金融ハブを統合できるマルチチェーンスマートイールドエンジンと流動性アグリゲーターです。

Reef Financeは異なるチェーンを繋ぐことができるPolkadotをベースにしてエコシステムとセキュリティモデルを共有することで、DeFiプロトコル間のクロスチェーン統合を可能にしています。

このプロジェクトにより個人投資家の参入障壁を下げてDeFiにアクセスできるようにすると同時に、ユーザーのリスクレベルに基づいた意思決定プロセスを強化することができます。

Reefは複数のスマートコントラクトの連なりで、流動性アグリゲーターやアナリティクスエンジンと連携することでワンクリックで複数のDeFiプロダクトへ効率的な投資ができます。

ガバナンストークンであるREEFトークンを用いることでユーザーはガバナンスへ参加が可能になります。トークンは12月23日からBNB、BUSD、DOTをステーキングすることで獲得でき、12月29日にはBTCとUSDTとのトレードが可能になる予定です。

記事ソース:Binance

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事