Binance(バイナンス)が、シンガポールでの取引所ライセンス申請を発表
   公開日 : 2020/02/17

Binance(バイナンス)が、シンガポールでの取引所ライセンス申請を発表

shimada

T.S

CryptoTimes リサーチャー| 数理的アプローチから暗号資産市場のリサーチをしています。特に現在では、仮想通貨界隈での話題を統計学で解明することやマイニング産業のリサーチをしています。 数理統計学を専門にすべく大学院進学の勉強中

世界大手暗号資産取引所のBinance(バイナンス)が、シンガポールの改正された決済法の下で事業展開するためにライセンス取得の申請を済ませました。

Binanceはシンガポール拠点であるBinance Singaporeを2019年7月に仮想通貨と法定通貨の取引所を立ち上げており、シンガポール国内で高いユーザーシェアを獲得しています。

シンガポールにて先月から施行された決済法には、暗号資産取引から電子決済に関する世界初の包括的な内容を含んでおり、営業免許だけでなく、シンガポール通貨庁に対してのAML(アンチマネーロンダリング)やテロ資金供与対策を規制する監督権限も含まれています。

今回、Binance(バイナンス)はこれらの申請にも素早い対応を見せています。

現在、これらのライセンス申請には、リキッドグループ(Liquid Group Inc.)や英国取引所のルノ( Luno)が申請の方針を発表しています。

記事ソース:Binance Applied for Singapore’s New Crypto License, CEO Says

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事