Binance P2Pが取り扱い通貨を追加、ユーロなどにも対応
   公開日 : 2020/03/12

Binance P2Pが取り扱い通貨を追加、ユーロなどにも対応

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

ユーザー同士が仮想通貨の取引を行うことができるプラットフォーム「Binance P2P」の取り扱い通貨に、以下の3種類のフィアット通貨が追加されました。

  • ユーロ(EUR)
  • ウクライナ フリヴニャ(UAH)
  • マレーシア リンギット(MYR)

ユーザーは現在、この3種類の通貨でBTC、USDT、ETH、BNBそしてBUSDを手数料無料で購入することができます。

Binanceは2月28日にウェブ版P2P取引プラットフォームを公開しており、これまで中国 元(CNY)、ベトナム ドン(VDN)、ロシア ルーブル(RUB)、ナイジェリア ナイラ(NGN)に対応していました。

P2P取引サービスの利用は下記URLから行えます。

Web版P2Pプラットフォーム

Androidアプリ

iOSアプリ

記事ソース:Binance

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事