LINEが展開する独自トークンLINKがBITBOXで取り扱い開始
   公開日 : 2018/10/19

LINEが展開する独自トークンLINKがBITBOXで取り扱い開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

LINEは海外で展開している仮想通貨取引所BITBOXにおいて独自トークンのLINK(LN)を16日から取り扱うと発表しました。

LINKは現時点ではBITBOXのみで取り扱われており、取引ペアはビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)、米ドル連動ステーブルコインのテザー(USDT)の三種類になると公表しました。

同社はLINKトークンを活用しブロックチェーンおよび仮想通貨を様々な層に広く普及させるべくプロジェクトを進行させており、今回の発表も大きなステップとなるでしょう。

LINKチェーンネットワーク上ではすでに複数の分散型アプリケーション(Dapps)がローンチされており、10億LINKトークンのうち8億LINKトークンが参加するユーザーに対して配布される予定となっています。

また、LINEは今後数ヶ月で3種類の分散型アプリケーションを追加すると発表しており、そちらでも参稼報酬としてLINKトークンが配布されるようです。

記事ソース: CoinDesk

kaz
でもBITBOXは日本人利用不可なんだよね…
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事