BITPoint(ビットポイント)の入金を完全解説!入金手順やトラブル時の対処法を確認しよう
   公開日 : 2021/04/07

BITPoint(ビットポイント)の入金を完全解説!入金手順やトラブル時の対処法を確認しよう

さっちゃん【CRYPTO TIMES公式ライター】

さっちゃんCRYPTO TIMES公式ライター

2017/12のピーク時から仮想通貨に触り始めました。こちらでは通貨・プロジェクトについてまとめた記事を書くことが多いです。クリプト外ではWebまわりの集客、広告に携わっていたりします。

ct analysis

BITPoint(ビットポイント)は、2016年にサービスを開始した仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引サービスを分かりやすく提供することで定評があり、信頼できる取引所といえます。

しかし、初めて入金するときは手順や反映時間で不安があるかもしれません。

そこで、この記事ではBITPointへの日本円や仮想通貨の入金方法を解説します。

仮想通貨取引をするなら必須のスキルですので、この記事を最後まで読んでしっかりマスターしましょう!

目次

【即時】BITPoint(ビットポイント)の即時入金の手順を徹底解説!

日本円入金方法入金反映までの時間手数料

即時入金と振込入金の比較
即時入金提携ネットバンキング経由の入金入金手続き後すぐに反映無料
振込入金BITPointの口座への振込振込を依頼した金融機関による振込元への手数料が発生

まずは日本円の即時入金から解説します。

上の表のように、BITPointの日本円の入金方法には、「即時入金」と「振込入金」の2種類があります。

即時入金は、BITPointが提携している金融機関のネットバンキングによる入金方法です。

入金後すぐにビットバンクの口座に反映されますし、手数料が無料ですので、おすすめの入金方法ですよ。

BITPointの即時入金手順

即時入金で利用できるネットバンキングは3種類

BITPointで利用できるネットバンキング3社
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行

BITPointへの日本円入金で利用可能なネットバンキングは、上記3社です。

この3社のネットバンキングのユーザーであれば、BITPointへの即時入金ができますよ。

入金手数料が無料ですので、これらのネットバンキングを使ったことがない方は、この機会に使ってみることをおすすめします。

【ステップ1】「資産一覧」のページから「即時入金」を選択する

日本円・仮想通貨を問わずBITPointへの入金のページは、「資産一覧」から呼び出すことができます。

BITPointのページ左上のメニューを開き、「入出金」を選択すると「資産一覧」のページが開きますので、JPYの「入金」ボタンをクリックしましょう。

すると、「銀行振込」と「即時入金」の選択画面がポップアップしてきますので、「即時入金」を選択します。

【ステップ2】ネットバンキングの選択と入金額を入力する

上の画像のように、BITPointの即時入金のページが開きます。

利用するネットバンキングと、入金額を入力してくださいね。

「確認画面」のボタンをクリックすると、確認用のメッセージ画面が表示されるので、問題なければ「入金依頼」を選択します。

【ステップ3】ネットバンキングのサイトから振込を指示する

選択したネットバンキングの画面に移ります。

上の画像はジャパンネット銀行を選択した場合です。

各ネットバンキングにログインして入金を確定すれば、即時入金の指示は完了します。

少し待てば、BITPointの口座に入金が反映されますので、確認しましょう!

【振込】BITPoint(ビットポイント)の振込入金の手順を徹底解説!

bitpoint入金

振込入金は、BITPointが指定する口座に対してユーザーが日本円を振り込む方法です。

ここでは、BITPointの口座に日本円を入金する振込入金の手続きについて解説します。

入金タイミングは振込元の金融機関によるので、完了するまでに時間がかかる場合があります。

また、振込元の金融機関への手数料支払いが発生しますので、手数料の安い金融機関から振り込むのがお得ですよ。

BITPointの振込入金の手順

【ステップ1】「資産一覧」のページから「銀行振込」を選択する

BITPointのページ左上のメニューを開き、「入出金」を選択して「資産一覧」のページを開きます。

JPYの「入金」をクリックすると「銀行振込」と「即時入金」の選択画面が表示されるので、「銀行振込」を選択しましょう。

【ステップ2】BITPointの銀行口座に日本円を振り込む

「銀行振込」を選択すると「お客様専用入金口座」のページが開きます。

BITPointの口座情報が表示されるので、そこへ日本円を振り込めばOKです。

振り込む場合は、BITPointに登録している名義と同じ名義で振り込みましょう。

名義が異なると、振り込んだ日本円がBITPointの自分の資産口座に正しく反映されないので注意してください。

BITPoint(ビットポイント)の仮想通貨入金方法を徹底解説

bitpoint入金仮想通貨

次は、BITPointの仮想通貨の入金手順を解説します。

仮想通貨の入金は、BITPointの口座アドレスに対して、他のアドレスから仮想通貨を送金する処理です。

手順の詳細を画像付きで示しましたので、さっそくチェックしていきましょう。

BITPointの仮想通貨入金方法

【ステップ1】入金する通貨を選択する

仮想通貨の入金も「資産一覧」のページから行います。

BITPointのページ左上のメニューを開き、「入出金」を選択すると「資産一覧」のページが開きます。

この画面で入金したい通貨の「入金」を選択しましょう。

【ステップ2】入金先のアドレスを取得する

上の画像は、BITPointのビットコイン入金アドレスです。

このように通貨の入金先アドレスが表示されるので、メモやコピー、写真をとっておきましょう。

アドレスを間違えると資産を失うことになるので十分に注意してください。

XRP(リップル)は宛先タグが必要
入金する通貨がXRP(リップル)の場合には、入金先アドレスとともに「宛先タグ」が表示されるので、併せてメモが必要です。送金元では宛先タグの入力を忘れないようにしてくださいね。

【ステップ3】入金先のアドレスに仮想通貨を送金する

取得した入金先アドレスに向けて通貨を送金すれば、BITPointへの仮想通貨の入金が実行されます。

送金元のウォレットで、入金先アドレスと入金額を入力して指示してくださいね。

少し待ってから、BITPointの口座に入金処理されているか確認しましょう。

入金手数料は無料だがブロックチェーンのマイニング費用がかかる

仮想通貨の入金に対してBITPointは手数料を取りません。

しかし、送金元のウォレットにて手数料が必要な場合があります。

また、送金時のブロックチェーンのマイニングに必要な費用もユーザーの負担です。

少額を小出しに入金するのではなく、まとめて入金すると手数料を節約できますよ。

BITPoint(ビットポイント)への入金が反映されないときの5つのチェックポイント

bitpoint入金 トラブル

入金を指示したのに、なかなかBITPointの口座に反映されない場合があります。

原因はさまざまですがトラブルが発生したらいち早く対処したいですよね。

ここでは、BITPointの入金に関するトラブルについて対処法やチェックポイントを解説します。

あとから困らないように、事前にチェックしてくださいね。

BITPointへの入金が反映されないときの5つのチェックポイント

入金の反映が遅いと思ったらまずは入金履歴をチェック

入金したのになかなか口座に反映されないと思ったとき、まずは入出金履歴を確認しましょう。

BITPointのページ左上のメニューを開き「入出金履歴」を選択すると、入金の履歴を確認できます。

自分が指示した入金が正しく記録されていれば、入金は実行されていますよ。

記録がなければ何らかのトラブルが起きている可能性が高いです。

BITPointに登録した氏名と同じ名義から入金しよう

日本円の入金を行う場合、振込依頼人は、BITPointに登録している氏名と同一の口座を使用してくださいね。

名義が異なっていた場合、BITPointは入金を受け付けてくれません。

振込した金額を戻す手続き(組戻し)は手数料がかかるので、十分に注意してください。

組戻しは金融機関で行う
異なった名義で入金した場合、振込元の金融機関で「組戻し」の手続きが必要です。組戻し手数料は振込人負担となり、手続きには時間もかかります。

日本円の即時入金は金融機関のメンテナンス時間を確認しよう

日本円の即時入金は24時間365日利用可能なサービスですが、BITPointやネットバンキングサービスのメンテナンス時間は利用できないことがあります。

例えば、BITPointの即時入金サービスは毎日16:00~16:10 にメンテナンス中です。

この時間の即時入金は、正しく指示が完了していない可能性があります。

メンテナンス情報は「お知らせ」で確認する
BITPointのメンテナンス情報は、公式サイトのお知らせで確認できます。それ以外の重要内容も掲載されているので、一度目を通しておきましょう。

仮想通貨の入金先のアドレスを間違えていないかを確認する

BITPointで仮想通貨の入金をするとき、送金元で入金先アドレスを間違えないように何度も確認しましょう。

入金先アドレスを間違えると、多くの場合は仮想通貨を失うことになります。

また、XRP(リップル)の場合は入金先アドレスに加えて宛先タグの入力も必要です。

こちらも間違えるとトラブルになりますので、正しく入力してくださいね。

仮想通貨の入金が遅いときはトランザクションの込み具合をチェックする

仮想通貨の入金がBITPointの口座に反映されない場合は、ブロックチェーン上での入金のトランザクションの承認に時間がかかっている可能性があります。

取引が込み合っているときなどによく起こる現象ですが、通常は待機していればいずれ承認されますよ。

送金元の出金履歴から、該当する履歴のトランザクションIDを取り出して、そのトランザクションの状態をチェックしてくださいね。

まとめ


この記事ではBITPoint(ビットポイント)の入金に関して解説しました。

日本円や仮想通貨の入金手順や、トラブル対処方法までまとめましたので、BITPointの入金についてはしっかりイメージできましたね。

入金はお金を扱う作業ですからいつも不安が伴います。

仮想通貨の入金は慣れるまでは慎重に行いましょう。

最初から大きな額を動かさず、比較的少額から慣れていって、BITPointを使いこなしてくださいね!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事