ブロックチェーンを題材としたドキュメンタリー映画「Trust Machine : The Story of Blockchain」がアメリカで公開中
   公開日 : 2018/10/31

ブロックチェーンを題材としたドキュメンタリー映画「Trust Machine : The Story of Blockchain」がアメリカで公開中

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

主にPolkadot(ポルカドット)情報を発信します / CRYPTO TIMES(2018~) / 専門記事500本以上執筆 / 最先端情報を様々なアングルでお届けします。

ct analysis

「Trust Machine: The Story of Blockchain」と題されたビットコインやブロックチェーンを題材としたドキュメンタリー映画がアメリカ(ニューヨーク)で今月26日に公開されたことが分かりました。

イギリス人のアレックス・ウィンター氏が脚本と監督を務めた同作品はブロックチェーンの歴史や、ブロックチェーンが秘めている可能性を音楽やスーパーマーケットなど様々な分野から考察した内容が含まれているようです。

この映画のエグゼクティブプロデューサーには、Ethereum(イーサリアム)の共同設立者であるジョセフ・ルービン氏を迎えているようです。

日本での公開についての情報は記事執筆当時(10/31)は入ってきていません。

今回公開された「Trust Machine: The Story of Blockchain」はドキュメンタリー映画ですが、この映画とは別に「Crypto」と題された仮想通貨とマネーロンダリングに焦点を当てたハリウッド映画も現在撮影されています。

「Crypto」では、キャストにNetflixで配信中のドラマSeven scondsのボー・ナップ、海外ドラマGilmore Girlsのアレクシス・ブレデルなどを迎えています。

記事ソース元:Trust Machine

ゆっし
・どのくらい掘り下げてるのか・どの層ターゲットにしてるのか など分からないけれど、映画という形だったら「ちょっと興味あるけど一から調べるのはめんどくさい」というぐらいの層の理解の手助けになるね。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事