ブロックチェーンプラットフォームToposWareがシードラウンドで約2億円の資金調達を実施
   公開日 : 2020/05/14

ブロックチェーンプラットフォームToposWareがシードラウンドで約2億円の資金調達を実施

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

株式会社ToposWareがシードラウンドで1億9700万円の資金調達を4月30日に完了し、年内にゼロ知識証明を利用したプライバシー・ブロックチェーンのリリースを計画していることが明らかになりました。資金提供を行った主な団体/個人は以下の通りです。

  • マネックスグループ株式会社の松本大社長
  • 株式会社ミクシィの笠原健治会長
  • デジタルハリウッド株式会社

ToposWareは高度な情報セキュリティを求める行政機関・企業・個人に向け、次世代のデータプラットフォームとなるブロックチェーンを開発しているスタートアップです。

同ブロックチェーンは「ゼロ知識証明」と呼ばれる、知識を送信せずにその知識を保有していることを証明する暗号論的手法を活用し、強固なデータ秘匿性を提供することが特長です。

また、エネルギー効率とスピードに優れており、5V給電のマイコンと小型ソーラーパネルで運用ができることを現時点のプロトタイプで実証しています。

ToposWareは2020年内でのソフトウェアのリリースと法人との実証実験の実施を計画しています。

記事ソース:PR Times

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事