BMWがブロックチェーンを用いたサプライチェーン管理を実装予定

BMWがブロックチェーンを用いたサプライチェーン管理を実装予定

BMWが年内にブロックチェーンを用いたサプライチェーンの管理を実現する考えを明らかにしました。

同社は2019年よりPartChainと題したプロジェクトを開始しており、2020年中にブロックチェーンとクラウドシステムを利用してサプライチェーンの透明性の確保を行う予定です。

BMWのサプライチェーン管理を行っているAndreas Wendt氏は、「BMWは2020年中にこの計画を10社の提携先を対象に拡大していきたいと考えている。長期的には、ブロックチェーンを用いて業界内における匿名性の確保や安全にシェアできるデータの管理を行えるプラットフォームを作っていきたい」とコメントしています。

先日はGeneral Motorsもブロックチェーンを用いたナビゲーションマップシステムの開発を発表し、自動車業界におけるブロックチェーンの活用に注目が集まっています。

記事ソース:BMW

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks