イギリス規制当局が消費者向けデリバティブ取引の禁止を発表
   公開日 : 2020/10/12

イギリス規制当局が消費者向けデリバティブ取引の禁止を発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

イギリスの金融行動監視機構(FCA)が個人投資家によるデリバティブ取引を禁止する旨を発表しました。

FCAは指定した暗号資産を参照するデリバティブ取引やexchange traded notes (ETNs)の最終消費者向けの販売を禁止する規制を発表しました。FCAは以下の理由から、これらの商品は最終消費者向けの販売に適さないと説明しています。

  • 資産の特性上、バリュエーションを行うための確率した方法がないこと
  • セカンダリーマーケットにおける金融的な犯罪などの万円
  • 極度な暗号資産の価格の変動(ボラティリティ)
  • 最終消費者の暗号資産に対する不適切な理解
  • 合法的な投資需要がないこと

FCAはデリバティブ取引の禁止により、消費者を知識不足から起きる損失や予期しない価格の変動から保護する姿勢を見せています。

記事ソース:FCA

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事