中国がグローバル・パブリックチェーン指標を公表!一位はEOSに!
   公開日 : 2018/06/22

中国がグローバル・パブリックチェーン指標を公表!一位はEOSに!

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

中国情報産業開発部(CCID)で先月12日に提案された仮想通貨の機能指標「グローバル・パブリックチェーン指標」が今月20日に公開されました。

同指標の評価基準はブロックチェーンの「性能」「実用性」と「革新さ」の3つとされており、合計30プロジェクトの中でトップに選ばれたのはEOS(イーオス)でした。

1位に輝いたEOSのスコアは161.5点で、2位のイーサリアム(138.4点)と20点以上の差をつける結果となっています。

EOSは実用性の面ではイーサリアムに劣ると評価されたものの、性能と革新さの分野で他プロジェクトより圧倒的に高いスコアが付けられています。

イーサリアムに継いでランクインしたプロジェクトはNeo、Stellar、Liskとなっており、大手銀行などとの提携で注目されているRippleは9位ビットコインは17位に格付けされています。

ランキング全体は以下の表から確認できます。

参考記事: Chepicap: Chinese government rates EOS as the best blockchain

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事