Checks、バーン機能を実装 | 発行枚数、減少へ

Checks、バーン機能を実装 | 発行枚数、減少へ

NFTプロジェクトChecksがバーン機能を実装しました。

バーン機能によりChecksの数を16,031個から11,824個に減少したことがツイートされています。バーンすることで、少ない数のChecksマークNFTを得ることができます。

バーン機能は、2種類のものが搭載されています。

  • MIGRATE
  • BURN

画像引用元:Checksウェブサイト

MIGRATEは、Checks – VV Editionをバーンすることで、Checks – VV Originalsを取得することが可能です。Checkのカラーが違うものとなっており、何が出てくるかはわからない仕様となっているようです。ジェネレーティブな仕組みです。

画像引用元:Checksウェブサイト

BURNは、当初から言われていた2枚のChecksをバーンして、新たなChecksを取得する機能です。

オリジナルのNFTは、8×10グリッドの80枚のChecksで構成されています。このNFTを2枚バーンすることで、40枚のChecksのNFTを作ることが可能です。さらに40枚のChecksを2枚バーンすることで、20枚のChecksを作ることが可能となっています。

画像引用元:OpenSea

OpenSeaでの取引ボリュームランキングでは、元のコレクションであるChecks – VV EditionとMIGRATE後に取得できるChecks – VV Originalsの両方のコレクションがランクインしています。

Checksにバーン機能が実装されたことは、大きな進展であり、コレクターたちに影響を与えることになります。このプロジェクトはNFTの愛好家やコレクターから多くの関心を集めるものと思われます。

画像、記事ソース:https://checks.art/

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks