コレクティブ NFT Bored Ape Yacht ClubとMeebitsがChristie’sでオークション開催
   公開日 : 2021/08/17

コレクティブ NFT Bored Ape Yacht ClubとMeebitsがChristie’sでオークション開催

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

コレクティブNFTである「Bored Ape Yacht Club」と「Meebits」が有名オークションハウスのChristie’sでオークション開催予定です。Christie’sは過去にCryptopunksを取り扱ったことがありますが、Bored Ape Yacht ClubとMeebitsを取り扱うのは、初めての試みです。

  • イベントタイトル:No Time Like Present
  • オークション期間:2021年9月17日 02:00 PM HKT – 2021年9月28日 02:00 PM HKT
  • 出品予定NFT:CryptoPunk 9997BAYC #8746Meebit #6337

このイベントでは、3つのNFTがオークションにかけられる予定です。Christie’sでは過去にCryptopunksが9つセットでオークションにかけられ、約1700万ドルで落札されたことがあります。

Cryptopunksがアートとして認められ、有名オークションハウスに出品されることは珍しくなくなってきましたが、今回は「Bored Ape Yacht Club」と「Meebits」が新たに追加されてます。

この2つのNFTがどういう価格で落札されるのか、注目です。価格次第では、またもや歴史を変えるようなオークションになります。

今回のようなイベントで、現実世界に大きな影響を与えてくるようになると、コレクティブ NFTの存在がコミュニティNFTとしての機能とアートNFTの機能の2つを持ち合わせることになってきます。この2軸でコレクティブ NFTが発展していくことは、「ただのコレクション」「ただのデジタルデータ」からの脱却になりえます。

Cryptopunksは古いNFTアートの文脈で取り扱われた経緯があるので、納得ですが「Bored Ape Yacht Club」と「Meebits」は割と最近に発行されたNFTなので、このスピードでChristie’sで扱われることは、コレクティブ NFTの存在が変わってきていると考えるのが妥当です。

今回のオークションでCryptopunksの価格はもちろんですが、Bored Ape Yacht ClubとMeebitsの価格がどこで落ち着くのが非常に注目どころです。

記事ソース:No Time Like Present

画像:shutterstock

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事