【仮想通貨】BitcoinCash(ビットコインキャッシュ) / BCHの特徴・仕組みを徹底解説!
2018/02/22

【仮想通貨】BitcoinCash(ビットコインキャッシュ) / BCHの特徴・仕組みを徹底解説!

kaz【CRYPTO TIMES公式ライター】

kazCRYPTO TIMES公式ライター

スイスの高校を卒業し、アメリカの大学に通う大学生。去年の6月に仮想通貨に参戦し、その面白さと魅力にハマり投資を始めました。

BCHことビットコインキャッシュは名前こそ多くの方に知られているものの、実際にビットコインとの違いについて説明までできる方は少ないのではないでしょうか?

今回はBCHの特徴とビットコインとの違いや将来性について解説していきます。

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ) / BCHの概要

 通貨名称  Bitcoin Cash
 ティッカー  BCH
 総発行枚数  2,100万枚
 総供給枚数  約1,700万枚
 アルゴリズム  SHA-256
 システム  PoW
公式サイト  https://www.bitcoincash.org

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ) / BCHの特徴

ビットコインキャッシュは基本的にはビットコインを元にして作られています。

ブロックサイズが8MB

BCHは1ブロックのサイズがBTCの8倍の8MBとなっているため単純計算でBTCの8倍の取引を処理することができます。BTCはスケーラビィティ問題に代表されるように取引の遅延などが度々報じられていますが、BCHではその点が改善されています。

強固なセキュリティ

BCHはリプレイアタックというハッカーによるネットワークへの攻撃に対応しているため、BTCからセキュリティ面が大きく向上しました。

さらにBCHではハードウェアウォレットにもセキュリティを向上させる仕組みを搭載しているのでセキュリティは非常に高い水準だと言えるでしょう。

SegWitは未実装

SegWitとはSegregated Witnessの略で、データを圧縮することでブロックサイズを変えずにより多くの情報を一つのブロックに記録することができるようになるというアップデートです。

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ) / BCHの歴史

ビットコインは以前から取引量の増加に伴いスケーラビィティ問題というものが存在していました。その問題をきっかけにビットコインをよりよくして行こうと新たな通貨を創造する動きが始まりました。

スケーラビリティ問題とはビットコインの送金スピードの遅延のことをいいます。

このスケーラビリティ問題を解決するために、ビットコインにはSegwitが実装される予定でした。それが「Bitcoin Unlimited」です。

Segwitとは、データ量を小さくすることによって、スケーラビリティ問題を解決することができます。

逆にハードフォークはブロックサイズを大きくするものです。Segwitはソフトフォークともいわれ、ハードフォークとの違いは分裂等をしない、という違いがあります。

ただ、Segwitの実装にはデメリットがあります。それはマイナー(マイニングをしている人たち)による反発が大きいことです。それまで使用していたASI(マイニング専用機)を使用することはできなくなってしまいます。

2017年7月21日まではビットコインはSegwitが実装されるという方向で動いていました。しかし、8月1日にビットコインはSegwitの実装をせずに、ハードフォークを強行することが決定しました。

そして生まれたのがBCH(ビットコインキャッシュ)です。BCHは2017年の8月1日にビットコインからハードフォークという形で分裂しました。当初はビットコイン所有者に対し、1:1の割合で付与され3万円ほどの値が付いていました

8月中に価格が上昇し、10万円を突破したり一時的にビットコインの取引高を超えるようなこともありました。そして記事執筆時点では15万円前後で推移しています。

BCHとBTCの比較

 BCH BTC
 総発行枚数  2,100万枚  2,100万枚
 1ブロック生成時間  10分  10分
 ブロックの容量  8MB  1MB
 一秒あたりの処理能力  20-90取引  3-5取引
 リプレイアタック  対応  未対応
 SegWit  未実装 未実装

ビットコインとビットコインキャッシュの比較は上記のとおりです。

ビットコインに比べると改良されていることがわかりますが、そこまで大きな改良点はないようにもみえます。

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ) / BCHのチャート


BitcoinCash(ビットコインキャッシュ) / BCHが買える取引所

国内では

  1. Zaif
  2. Bitbank
  3. Bitflyer
  4. Coincheck

の4箇所で扱っているBCHですが、世界的な出来高はHitBTCが世界で最も多く、次いでOKExが二番目の取引高を誇ります。

BCHのウォレット

BCHのウォレットには以上のような互換性のウォレットがあります。

まとめ

BCHはビットコインより完璧なビットコインを作ろうという目的から生まれたプロジェクトだけあって他のハードフォークされたコインたちとは全く違う方向に成長しています。

仮想通貨界隈では「いつの日かBCHがビットコインを置き換える日が来る」なんて言われていたりしますが、そのうち現実になる日が来るかもしれませんね。

Kaz
最初にハードフォークでもらった分売らなきゃよかった…

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事