暗号通貨市場の時価総額が初めて100兆円を突破

暗号通貨市場の時価総額が初めて100兆円を突破

BTCの価格高騰から他のアルトコインの価格も上昇する暗号通貨市場ですが、2020年1月7日にCoinGeckoのデータによると暗号通貨市場全体の合計時価総額が、100兆円を超えたことがわかりました。

直近における暗号通貨市場の時価総額が最高値だったのは2017年末から2018年の1月の間における87兆円となっており、今回約3年ぶりに時価総額の最高値を更新しました。

現在、ビットコインの価格は約380万円まで価格を伸ばしており、Ethereumを含むその他のアルトコインも価格を大きく伸ばしており、資金の流入が大きく見受けられています。

https://twitter.com/whale_alert/status/1346962819284152321?s=20

Whale Alertの通知では、ここ数日、大量のUSDTを始めとしたステーブルコインが発行されており、市場からの資金が大きく入ってきていることがわかります。これらもBTCの価格上昇に寄与している原因となっていそうです。

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks