CT Analysis『NFTマーケットプレイス Blur概要と考察、OpenSeaとの比較』を公開
   公開日 : 2023/03/20

CT Analysis『NFTマーケットプレイス Blur概要と考察、OpenSeaとの比較』を公開

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

CRYPTO TIMESが提供するリサーチレポートコンテンツ『CT Analysis』が『Blur概要と考察、OpenSeaとの比較』を公開しました。

今回の最新レポートや過去のレポートは、アップデートしてさらに読みやすくなったCT Analysisの新ホームページ (https://ct-analysis.io/)よりご覧いただけます。

会員登録することでいつでも、過去のレポートを読むことができるので下記のWebsiteよりアクセスください。

CT Analysis『Blur概要と考察、OpenSeaとの比較』について

今回のレポートでは、NFTマーケットプレイスのBlurについて概要解説と考察を行っています。ローンチから数ヶ月で取引ボリュームを急増させたマーケットプレイスBlurはどのような施策があったのか?まとめてあります。また、OpenSeaとの比較や今後の考察に関しても掲載してありますので、ご覧下さい。

Blurは、NFTマーケットプレイス兼アグリゲーターとしてリリースされました。自身のマーケットプレイスでNFTの売買ができるだけでなく、OpenSeaやLooksRareなどの外部に出品されているNFTも取引が可能となっています。

高速なマケプレ、エアドロップ、取引手数料ゼロを特徴としてローンチされました。アグリゲーターとしては、正式ローンチから数日後に取引ボリューム1位となっています。

Blurで最も注目された機能とも言えるのが、Bidシステムです。FTの取引の時にある買い板のような機能をしており、この機能でNFTに対しての買い手を可視化することができています。

NFTは、売りに出してから買い手がいるのか初めてわかる状態でしたが、Bidがあることで売りに出す前から買い手の確認をすることができます。エアドロップ施策と組み合わせて公開させたことにより、Bidを活用するユーザーは急激に増加しました。

エアドロップに関しても仕組みを解説しつつ、考察も行なっております。今までNFTマーケットプレイスでエアドロップを行ってきたところは存在していますが、Blurの場合は複数の施策を混ぜながらエアドロップを行なっている印象でした。これにより、プロモーションとしての効果は他のエアドロップより成果があったと感じられます。

この他、OpenSeaとの比較や今後の考察も行なっていますので、是非とも下記のURLからレポートを読んで頂けたら幸いです。

CT Analysisについて

2020年2月12日より暗号通貨/ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES ( https://crypto-times.jp )が提供開始した、暗号通貨/ブロックチェーンの分野に特化したリサーチレポートコンテンツです。

今後、暗号通貨/ブロックチェーン分野は更に注目が集まることが予想されるものの、技術者から投資・事業家まで様々な参加者がおり、各々の求める情報は見つけづらく、また議論は英語で行われることが多いため、リサーチコストが高くなる傾向があります。

CT Analysisでは、3年間業界に携わりながら運営してきた知見やデータを活用して一般ユーザーから事業者まで、幅広いデータ・分析需要に応えることを目標として、専門性とわかりやすさを追求したリサーチ・レポートを提供していきます。

また、パートナー企業の強みを生かしたリサーチレポートも提供しており、オンチェーンデータやオフチェーンデータ、クリプト市場に関するセンチメントデータ、ユーザーの予測を機械学習で最適化したデータなどの情報を使ったレポートの配信も予定しています。また、これらは日本だけでなく、世界各国の情報も取り入れたコンテンツの配信を予定しています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事