CT Analysis『19世紀生まれのブランドと現代NFT IPの共通点 歴史比較、考察レポート』を有料にて公開
   公開日 : 2022/08/30

CT Analysis『19世紀生まれのブランドと現代NFT IPの共通点 歴史比較、考察レポート』を有料にて公開

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

CRYPTO TIMESが提供するリサーチレポートコンテンツ『CT Analysis』が『19世紀生まれのブランドと現代NFT IPの共通点 歴史比較、考察レポート』を有料公開しました。今回のレポートは500円で購入することができます。

今回の最新レポートや過去のレポートは、アップデートしてさらに読みやすくなったCT Analysisの新ホームページ (https://ct-analysis.io/)よりご覧いただけます。

会員登録することでいつでも、過去のレポートを読むことができるので下記のWebsiteよりアクセスください。

『CT Analysis』が提供する『19世紀生まれのブランドと現代NFT IPの共通点 歴史比較、考察レポート』に関して

今回のレポートは、19世紀に立ち上がったブランドとNFTプロジェクトの共通点を歴史から比較し、考察したレポートです。比較対象は、Louis VuittonとBAYCで行なっております。

19世紀に生まれ、世界的な人々に利用され続けるブランド『Louis Vuitton』と現代NFTでもBlue Chipとしての地位を築き上げた『Bored Ape Yacht Club』の2つの例を取り上げ、各々の立ち上げから軌道に乗るまでの期間にどのような共通点があるのか?という点をリサーチしました。

その他、お互いの歴史を振り返り、成長スピードや商品展開の比較も行なっています。

今回、提供するレポートは有料になっているため、レポート内よりサンプルとして、一部を公開しております。

内容としては、Blue Chip NFTとして認知されるまでの過程に対して、これらのNFTが過去のハイブランドと共通点が存在するのではないか?という疑問からスタートしているレポートとなっています。

知名度、価格基準、歴史的背景からLouis VuittonとBAYCを比較し、4つの共通点が見つかったため、NFTプロジェクトを検討している企業様、NFTホルダーとして活動しているコレクター様に参考になればと思います。

CT Analysisについて

2020年2月12日より暗号通貨/ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES ( https://crypto-times.jp )が提供開始した、暗号通貨/ブロックチェーンの分野に特化したリサーチレポートコンテンツです。

今後、暗号通貨/ブロックチェーン分野は更に注目が集まることが予想されるものの、技術者から投資・事業家まで様々な参加者がおり、各々の求める情報は見つけづらく、また議論は英語で行われることが多いため、リサーチコストが高くなる傾向があります。

CT Analysisでは、3年間業界に携わりながら運営してきた知見やデータを活用して一般ユーザーから事業者まで、幅広いデータ・分析需要に応えることを目標として、専門性とわかりやすさを追求したリサーチ・レポートを提供していきます。

また、パートナー企業の強みを生かしたリサーチレポートも提供しており、オンチェーンデータやオフチェーンデータ、クリプト市場に関するセンチメントデータ、ユーザーの予測を機械学習で最適化したデータなどの情報を使ったレポートの配信も予定しています。また、これらは日本だけでなく、世界各国の情報も取り入れたコンテンツの配信を予定しています。

下記のサイトより会員登録をしたユーザー様にはレポートが公開時に登録メールアドレス宛に最新レポートが届きます。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事