野村がLedger,CoinSharesと合同で機関投資家向けカストディサービスKomainuを計画
   公開日 : 2020/06/19

野村がLedger,CoinSharesと合同で機関投資家向けカストディサービスKomainuを計画

magic_jonson

magic_jonson

バスケと音楽が好きなライターです。ブロックチェーンや仮想通貨について勉強しています。よろしくお願いします。

大手投資銀行野村ホールディングス、デジタル資産のセキュリティサービスを提供するLedger、デジタル資産の投資を行うCoinSharesが合同で機関投資家向けカストディサービスKomainuの開発を行っています。

Komainuは世界初の金融とセキュリティの観点からデザインされた機関投資家向けハイブリッド型大規模カストディアンとなります。

同プロジェクトはJersey Financial Services Commission(ジャージー金融サービス委員会)の規制のもとでカストディアンとして運営されます。

Komainuは「分散型金融(DiFi)は制度化しコンプライアンスに従いながら、デジタルアセットを扱う機関投資家に向けて安全に提供される必要がある」とコメントしています。

記事ソース:Komainu

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事