DASHが51%攻撃耐性や高速決済などを組み込んだアップデートを実装
   公開日 : 2019/05/25

DASHが51%攻撃耐性や高速決済などを組み込んだアップデートを実装

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

ペイメント向け暗号通貨・DASHが、51%攻撃耐性高速決済などの新機能を実装したメインネットバージョン0.14.0をリリースしました。

バージョン0.14.0では、マスターノードの中からLong-Living Masternode Quorum (LLMQ)と呼ばれるグループを選出することで、51%攻撃への耐性を高めつつ決済承認にかかる時間を短縮することができるとされています。

LLMQは240台のマスターノードで構成され、同時に複数のLLMQが設けられることもあるといいます。DASHネットワークでは、マスターノードの数に上限はありません。

一定数以上のLLMQメンバーが署名したブロックはネットワーク上の全ノードにブロードキャストされ、その時点でのブロック高までが「ロック」されます。

このメカニズムはLLMQチェーンロックと名付けられており、マスターノードがいち早くブロックに署名しチェーンをロックすることで、本チェーンにそぐわないチェーン(51%攻撃を目論んだものなど)が弾かれるようになっています。

また、同様の仕組みを応用することで、これまで「即時決済」要した6ブロック以上の承認時間が一切なくなることにもなっています。

記事ソース: DASH (1/2)

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事