メタバースプロジェクト Decentraland エモートNFTをリリース

メタバースプロジェクト Decentraland エモートNFTをリリース

ブロックチェーンを活用したメタバースプロジェクトのDecentralandがエモートNFTを全てのユーザーにリリースしました。

Decentralandには、自分の感情を体で表すエモート機能がもともと備わっています。今回は、ユーザーがエモートを好きなように作成ができ、NFTとして販売できるようになりました。

ウェアラブルNFTと同様に、クリエイターはエモートを作成することができます。そして、NFTとしてDecentraland専用のマーケットプレイスで販売が可能です。

販売までのプロセスは、ウェアラブルNFTと似ており、クリエイターは発行手数料を支払いキュレーション委員会が承認するのを待ちます。またレアリティもウェアラブル同様に設定してあり、レアリティによって発行枚数が異なります。

エモートNFTは、Polygon/Maticのサイドチェーンでミントされ、ユーザーはガス代を支払うことなくミント、購入、販売、転送が可能となっています。(ガス代はDAO負担)

エモートNFTの作成基準や発行までのフローは公式ドキュメントに記載がありますので、こちらを確認してください。

Decentraland Emotes overview

エモートNFTは、既にいくつかの販売がされています。Decentralandの専用マーケットプレイスに移動をしてご覧ください。

  1. Collectibleをクリック
  2. Emotesをクリック

これで、エモートNFTの販売ページに移動できます。

詳細ページまで移動をすると、どんなエモートなのか自分のアバターと合わせて確認することができます。

11月中旬に開催されるMetaverse Music Festivalで、Creatorのために特別な企画が用意されています。Metaverse Music Festivalを盛り上げるためにもダンスムーブエモートコンテストを開催する予定と発表がありました。

今後、数週間のうちに詳細が発表されるようなので、クリエイターの方は公式ツイッター等をチェックしておきましょう。

CT Analysisでは、メタバース × NFTについてのレポートを無料配信しています。まだご覧でない方は、ぜひ登録をしてご覧ください。

記事ソース:Decentraland 公式ブログ

画像:Ira Lichi / Shutterstock.com

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks