DeCurretが国内のデジタル通貨の決済インフラを検討する勉強会を開催
   公開日 : 2020/06/04

DeCurretが国内のデジタル通貨の決済インフラを検討する勉強会を開催

magic_jonson

magic_jonson

バスケと音楽が好きなライターです。ブロックチェーンや仮想通貨について勉強しています。よろしくお願いします。

株式会社DeCurretが、デジタル通貨による価値あるデジタル決済インフラストラクチャーの実現を目指すための勉強会を開催します。

勉強会は、2020年6月から9月にかけて、各月1、2回のペースで3メガバンク(みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行)、国内主要企業、有識者等の参加者により開催されます。

主な論点として、以下の3点が挙げられています。

  • 国内外におけるデジタル決済、デジタル通貨の実例研究
  • ブロックチェーン、分散型台帳技術など新しいデジタル技術の取引・決済インフラへの応用、デジタル通貨決済の潜在的な活用領域とその効果、望ましい姿、将来の可能性
  • サービス提供範囲、利用価値の対価、提供者・関係者の役割、標準化など実現における課題

DeCurrentの勉強会は「デジタル通貨やデジタル決済インフラに対する課題と解決方法の検討、議論を進め、実現に向けた合意点を見出し、サービスやインフラの標準化の方向性を示す」ことを目的とし、最終的には勉強会の議論をまとめた報告書の公表を行う予定です。

記事ソース:PR Times

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事