DeFiの近未来を語る「2025年までに1億DeFiユーザーを達成できるか」を10月13日20時に開催
   公開日 : 2021/10/06

DeFiの近未来を語る「2025年までに1億DeFiユーザーを達成できるか」を10月13日20時に開催

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

10月13日(水)20時に「2025年までに1億DeFiユーザーを達成できるか」開催

DeFiの近未来を語る「2025年までに1億DeFiユーザーを達成できるか」を10月13日(水)20時に公開〜日中韓 同時開催 特別パネルディスカッション〜

NPO法人GoodFiは、暗号資産・ブロックチェーン基盤の新しい金融、DeFi(分散型金融)をテーマに海外ゲストが討論するパネルディスカッション「2025年までに1億DeFiユーザーを達成できるか」を主催、2021年10月13日(水)20時より、やさしいDeFiのYoutubeチャンネル(アカウント名 : DeFi Japan)にて公開することをお知らせします。

本イベントでは、業界の第一線で活躍する海外ゲスト5名が暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン技術を基盤にする新しい金融フロンティアであるDeFi(Decentralize Finance/分散型金融)のマスアダプションをテーマとして、DeFI本来の使命である金融包摂の現在のありよう、ユーザー・エクスペリエンス(UX)の向上や安全・安心な顧客資産の管理などの課題への打ち手、DeFiへの最初の一歩をどのようにデザインするか等に関して活発に討論します。

DeFiをまだ知らない初心者の方もすでに活用している経験者の方も楽しめる充実したパネルディスカッションですので、ぜひご視聴ご下さい。

イベント概要

登壇者名およびプロジェクト概要

♦モデレーター:Jocelyn Chang(MakerDAO – APAC Group Leader)

MakerDAOは、米ドル価格に1:1で連動するステーブルコインDaiを発行する分散型自立組織(DAO)です。MakerDAOの運営は、MKRと呼ばれるガバナンス・トークンの所有者による投票に基づき行われます。

♦Amanda(Sushi – BD & Marketing Lead)

SushiSwapは、AMM(自動マーケットメーカー)を採用するイーサリアム上のDEX(分散型取引所)で、Uniswapのフォークとしてスタートしましたが、独自の進化を続けているユニークなDeFiプロジェクトです。

♦Piers Ridyard(Radix – CEO)

Radixは、DeFiユースケースに特化したレイヤー1プロトコルです。新しいコンセンサス・アルゴリズムCerberusや独自のスマートコントラクト実行環境Radix Engineなどをはじめ、ディベロッパーフレンドリーなサービスを提供しています。

♦Mark B. Richardson(Bancor – Head of Research)

Bancorは、オーダブックではなくAMMを採用するイーサリアム・EOS上のDEX(分散型取引所)です。流動性プールの拡充に貢献した流動性プロバイダー(LP)は、取引手数料の一部を報酬として受け取ることができます。

♦SJ Park(Terraform Labs)

Terraは、世界の主要な法定通貨に対して無担保型(シニョリッジ型)のステーブルコインLUNAを発行、アルゴリズムにより安定した価格を実現するDeFiプロジェクトです。

イベント参加およびリリースに関するお問い合わせ先

FEB株式会社、GoodFiイベント事務局

hello[a]fareastblockchain.com

*送信時に[a]を@に変換してください

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事