イーサリアム「マージ」実施完了 | ハードフォークは24時間以内に実行か
   公開日 : 2022/09/15

イーサリアム「マージ」実施完了 | ハードフォークは24時間以内に実行か

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

イーサリアム最大のアップグレード「マージ」の実施が完了しました。

PoS完了時のクライアント画面

マージの実施によりイーサリアムの合意形成システムは以前のPoWからPoSへと移行しました。イーサリアム公式ブログの事前予想によると、PoWと⽐較しておよそ99.95%まで消費電⼒の削減が可能となります。

PoSに切り替わって最初に生成されたブロック(#15537394)の報酬は45ETH(約1,055万円)となっています。

上:PoW、下:PoS | 画像引用元:https://www.oklink.com/ja

PoWのイーサリアムを望みハードフォーク実施を望むコミュニテイ「EthereumPoW」のツイートによると、ETHW(PoWのイーサリアム)のメインネットリリースのカウントダウンタイマーをツイートから23時間以内に公開するとしています。

大手暗号資産取引所のBinanceは一時停止していたETHの入出金を再開。その他のサービスについても随時アナウンスを実施予定としています。

PoSのイーサリアムでは、ブロック提案者が既知である点などを理由に、MEVが盗まれる可能性などを防ぎつつ、MEVを含むバンドルをプライベート/トラストレスに処理する⽅法が検討されています。

MEV (Miner Extractable Value) とは
ブロック内のトランザクションを任意の順番で配置し、バンドル化(= 別のプロダクトやサービスと合わせて提供するすることで抽出可能な金銭的価値。MEVには、MEV Searcher(サーチャー)と呼ばれるMEVを発⾒を狙うグループと、Proposer(プロポーザー)と呼ばれる、ブロックをオンチェーンに伝播するグループが存在する。

MEVのランドスケープには、トランザクションを組み⽴てて利益を出すサイドと、ブロックの⽣成を実際に担うサイドの、⼆種類の参加者がいる。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事