オーストリア政府は、仮想通貨イーサリアム(ETH)のパブリックブロックチェーンを用いて、11億5000万ユーロ(約1517億円)の国債を来週開催されるオークションで発行する計画だと、25日地元の報道局Kleine Zeitungが報じました。

オークションでは、オーストリアで最も大きな銀行の一つであるオーストリア輸出銀行(OeKB)が、オーストリア財務省(OeBFA)に代わって債券の発行を行う予定だといいます。

オーストリア輸出銀行(OeKB)が開発したシステムを利用して、オーストリア・ダイレクト・オークション・システム(ADAS)のデータをハッシュ化したものを公証し、イーサリアムのパブリックブロックチェーンに載せるという仕組みです。

テストはすでに成功済みだとされ、オーストリア輸出銀行(OeKB)は、ブロックチェーンによる公証サービスは、今回のオーストリアの連邦債券オークションが初めての使用事例になると述べていると報道されています。

また、オーストリアの財務相のHartwig Löger氏は、ブロックチェーン技術を経済政策の焦点とし、財務省にフィンテック諮問委員会を設置することによりオーストリアがこれらの開発を最大限活用できるよう戦略を練っているところだといいます。

オーストリア輸出銀行(OeKB)の役員やオーストリア財務省(OeBFA)のCEOは、ブロックチェーン技術に大きな期待を寄せており、オーストリアにおける国債発行の今後の動向には是非注目したいところです。

記事ソース:Bundesanleihen-Auktion: Österreich setzt auf Ethereum-Blockchain