ヨーロッパ最大の投資信託会社が仮想通貨事業に参入へ
   公開日 : 2018/07/07

ヨーロッパ最大の投資信託会社が仮想通貨事業に参入へ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!1.ヨーロッパ最大の投資信託会社が仮想通貨事業に参入を表明
2.証券取引所の仮想通貨売買板情報を公開する初の事例に
3.一方でオランダの規制当局は警戒を強めている

記事ソース:Bloomberg

アムステルダムに拠点を置くヨーロッパ最大の投資信託会社が仮想通貨産業に進出すると報じられました。

新たにビットコインとイーサリアムの投資信託を扱う予定

Flow Traders NVのCEOの1人であるDennis Dijkstra氏は今週木曜日にBloombergに対して、同社が商品ラインナップにビットコインとイーサリアムを用いたETN(上場投資証券)を追加する予定であると明かしました。

XBTを提供するストックホルムの投資信託会社はFlow Traders NVが投信の取引高を過去数カ月で大幅に成長させたとコメントしました。

また、Bloombergによると仮想通貨の先物商品を提供する取引所は多数存在するが、規制に準拠した証券取引所に上場している仮想通貨の売買板を公開する初の事例になるとしています。

Dijkstra氏はインタビュー内で以下のようにコメントしています。

 

「人々は仮想通貨を過小評価している。仮想通貨はとても大きい、そしてすぐに規制されるだろう。市場の投資家は人々が想像しているよりもプロフェッショナルだ。機関投資家も興味を示している。そして、我々はリクエストを受けているためそのことに確信を持っている。」

Flow Traders NVが仮想通貨事業を開始するに当たり、オランダの規制当局は監視の目を光らせています。

オランダ金融当局の広報担当者は

 

「我々は消費者にもライセンスを持っているホルダー事業者にも仮想通貨取引から距離を置くように警告しています。仮想通貨はその目新しさと匿名性から乱用される傾向にあります。また、通貨としてうまく機能していない点からも我々は仮想通貨をアセットクラスとしては認めていません。」

と説明します。

kaz
なんとなくオランダは仮想通貨先進国ってイメージだけど意外とそうでもないのね
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事